16
2017

ドローン・オブ・ウォー

GOOD KILL / 2014年 / アメリカ / 監督:アンドリュー・ニコル / 戦争 / 102分
0_AL__20170216121018f4b.jpg
箱の中から行われる戦争。
【あらすじ】
戦地には行かず、ラスベガスにある基地から無人機を操作します。



【感想】
イーサン・ホークが出る映画は変わってる作品が多くていいですね。この映画もちょっと変わった戦争映画。冒頭、「事実に基づいている」という表記が出ますがどの程度事実なのでしょう。興味深いです。

L__201702162112499ac.jpg

アメリカ空軍に所属するトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)。かつてはF16戦闘機に乗り空を飛びまわっていたが今は地上勤務となっている。戦地であるアフガニスタンから遠く離れたアメリカ・ラスベガス近郊にある空軍基地が彼の勤務地だった。

gk3.jpg

トミーは背後にあるコンテナにこもり、ドローンを遠隔操作して遥か12000キロ先のテロリストを攻撃している。死ぬ危険もないし、毎日家族の元に帰れるし、なかなかいいんじゃないのかなと観ていたら、どうもそんな簡単なことじゃないんですね。話が進むにつれて、どんどんトミーさんの精神がやられていきますよ。

image (1)

こちらはトミーの上司ジャック・ジョンズ中佐(ブルース・グリーンウッド)。ずっとサム・ニール(ジュラシック・パークの博士)かと思ってた。検索してみると全然似てなかった。

中佐から新兵たちへの訓示で、ドローンによる攻撃部隊の兵士の半分はゲームセンターでスカウトされるという部分がある。ほ、ほんとか。ドローンの操縦はXboxをモデルにしているというセリフもある。

米軍が開発した「American's Army」という一人称視点の撃ちあいゲームがある。Steamで無料公開されている。あのゲームにもいつかドローンが登場し、スコアがいいプレイヤーは米軍から直接スカウトされる日が来るかもしれない。

V1__20170216160237ab6.jpg

来る日も来る日も、遠隔操作のドローンによってテロリストを撃ち殺すトミー。やがて軍からCIAに指揮権が移ると、民間人の犠牲を厭わない攻撃命令が増加する。

Good-Kill-.jpg

トミーは元はF16のパイロットであり、家族と離れても戦地に赴くことを希望している。極端なことをいえば、彼は戦争で死んでもいいと思ってるんですよね。相手を殺しても、自分が撃ち落とされて死んでもお互い様ということなのだろう。

でも今やっていることは、安全な場所から一方的にテロリストを殺すだけなのだ。しかも、テロリストであるという情報が真実かどうか疑わしい。軍やCIAがそうだといえば信じるしかない。畑に肥料を撒いているようにしか見えない人間を殺せといわれる。ターゲットの周りに女性や子供がいても「犠牲はやむを得ない」といわれる。はたしてこれは戦争なのか。一方的な虐殺ではないか。トミーはしだいに精神が蝕まれていく。

第二次大戦中、ユダヤ人の大量虐殺にかかわったアドルフ・アイヒマンは裁判のさい「命令に従っただけ」と証言している。自分の心を守るには、アイヒマンのように考えることをやめるしかないのだろうか。

ジョンズ中佐はこの任務の正当性をメンバーに説明するが、本当のところ自分でも任務の正当性を信じていない。というのは、命令違反をしたトニーを厳しく処分できないのだ。心のどこかで納得がいかないから、トニーに同情し曖昧に済ませてしまう。

トミーのように命令に疑問を持つと、任務と良心の板挟みとなり、心を病んでしまうのだろう。

Good-Kill-3.jpg

同僚の女性は「アメリカがテロリストを作り出している」という。ただ普通に暮らしていただけなのに、ある日いきなり爆弾で命を奪われたとしたら、復讐を考えて当たり前である。これからもテロリストは増えていくのだろう。

good-kill-january-jones.jpg

奥さん(ジャニュアリー・ジョーンズ)とのギャップも大きくて、ちょっと笑ってしまった。トニーは兵士の命がかかった任務が急に入り、やむなく残業する。追い詰められてギリギリなのだけど、奥さんは「子供はあなたが迎えに行く約束だった」と怒る。で、奥さんの用事というのは「わたしはジムに行く予定だったのに!」というのだ。ジムて。温度差きつすぎるわ。

もうこれ、頭おかしくなるだろうなあ。トミーからすればジムなど些末なことだが、でも、日常生活というのはそういう小さなことの積み重ねなんですよね。二人がすれ違っていくのは、どちらが悪いともいえないように思う。

この映画、IMDB(映画データベースサイト)では6.4点(10点満点中)と、あまり評価されていない。アメリカ人からすると批判されているようで面白くないのだろうか。それとも、まったく派手な場面がないからかな。上空のカメラからの爆撃場面をひたすら観続けることになる。ちょっと苦痛ですらある。でも、それならドキュメンタリーでやればという気もするんですね。爽快さやカタルシスなどまったくない。嫌な気分を与えることこそが監督の狙いなのかもしれないけど。

楽しくもないし重苦しさしかないですが、とてもいい映画だと思います。イーサン・ホークはやはりちょっと変わった映画に出ますね。ますます好きになりました。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment