26
2017

ラストミッション

3 DAYS TO KILL / 2014年 / アメリカ、フランス / 監督:マックG / アクション、コメディ / 117分
44AL_.jpg
お父ちゃんは娘に好かれたい。家族をほったらかしてきた猛烈社員の悲哀。
【あらすじ】
余命あと3か月と宣告されたので家族と仲良くしたい。



【感想】
ヨーロッパ・コープ制作ということで銃、車、爆発のアクション映画をイメージされる方も多いでしょう。爆発はなかったけど、だいたいいつものヨーロッパ・コープでした。ケビン・コスナーが主演なので何かあるのかなと思ったら、そうでもなかったという。ごく普通のアクション映画、ちょっとコメディ要素強めです。

主人公イーサンは娘大好きお父さん(娘にはあまり好かれてない)という設定で、「96時間」のリーアム・ニーソンを思わせる。リーアムより娘に毛嫌いされていて、ちょっとかわいそうですよ。

lL_.jpg

余命わずかと宣告されたCIAエージェントのイーサン(ケビン・コスナー)。長い間、家庭を顧みず働いてきたため家族とは別居中で関係はギクシャクしている。もう引退も考えていたイーサンだが、病に効くという新薬と引き換えに、あらたな任務を引き受けることとなった。

テーマは家族なのかな。あまり映画とは関係ないかもしれませんが、猛烈社員の悲哀を感じた。自分なりに一生懸命働いてきたのだけど、娘と妻からは嫌われている。たまに会った娘にいきなり父親づらするのもなあと、どうやって娘との距離を縮めたらいいかわからない。家族をほっておくというのは、どの程度の罪なのか。

そしてイーサンが所属するCIAだけど、ここ20年ぐらいでずいぶん印象が変わったように思えるのだ。かつてはCIAやそこで働くスパイは憧れの対象であり、ちょっとしたヒーローだった。CIAの職員たちも、ロシアとは冷戦になりつつも大きな戦争を起こさずにきた誇りを持っていたのではないか。だけど、ここ最近のCIAはもはや諸悪の根源というか、良くない活動も目立っている。自分がやってきたことへの失望というのも、あるんじゃないでしょうか。かつて正しいと思ったことがまったく違っていたかもしれないという。

イーサンは自分がやってきたことやCIAはどうでもよくなり、自分には家族しかないという考えに変化している。ここがねえ、大企業の猛烈社員を見るような気持にさせられる。一流といわれた企業に勤めていても、その評判が一変することは珍しいことではなくなった。東京電力をはじめ、シャープ、電通、東芝など、ここ最近でずいぶんとイメージが変わった。かつて信じていたものは驚くほど簡単に力を失う。会社をアイデンティティとすることも難しい。あれほど熱心にやっていた仕事も、今は正しかったかわからない。もう定年は目の前である。自分には家族しかないのだ。これからは家族と共に生きよう。少しは家事も手伝ったりして。そう決意を新たにしたものの、そのとき家族は、もうダンナのことが嫌いなんだよおおおおおお!

わたしは泣く。ただのアクション映画で、全然そんな話じゃないのに泣く。これ、そんなにイーサンは悪い人でしょうか‥‥。わたしが男だからかなあ。

L__20170326220427489.jpg

娘のゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)は、なんでもかんでも父親のせいにしてしまう。自転車に乗れないのも父親が教えてくれなかったからと怒るが、え、それぐらいなんとかならんのかという。父親も遊び歩いていたわけじゃないんだから。家族の描き方にやや安直さを感じる。

ヘイリー・スタインフェルドがかわいすぎないのがいいですね。実際に見たらかわいいのだろうけど、なんだかかわいくないんですよ。あふれ出る多部未華子感というか。実にちょうどいい。

1__20170326220426e30.jpg

ラストで、娘のゾーイがイーサンに「パパ、ココアを淹れて」という場面がある。「わたしはココアを飲むけど、パパの分も淹れようか?」ではないのだ。自分が愛されているという自覚があり、信頼関係がないとこんなことはいえない。わたしは父親にこんなことはいえなかった。「飲みたければ自分で淹れろ」といわれるに決まっている。この映画を観るのがイーサンの世代だとすると、そうやって娘から甘えられることも嬉しいのかな。

yyL__2017032622043282e.jpg

イーサンに指示を出すCIAエージェント・ヴィヴィ(アンバー・ハード)。彼女も高圧的な態度ながら、密かにイーサンに想いを寄せていたという設定。夢見すぎである。おっさんの願望が凝縮されすぎていて悲しい。絶対に相手にされんぞ。想いを寄せていても違和感がないのは、あれがケビン・コスナーだからである。焼酎抱えた加齢臭プンプンの我々と同一視すべきではない。別の生き物なのだ。

イーサンの行動も一貫性がないように思う。敵組織の人間を「良い父親は殺さない」などといって助けるが、その前には車を衝突させて3メートルぐらいの高さから突き落としている。結果、死んでなかっただけである。殺す気マンマン。助かったのは運でしかない。それに他の人たちは殺しまくる。良い父親かどうか確かめなくていいのか。

娘ゾーイの恋人の親族(祖父?)はイーサンのターゲットで、イーサンは彼を殺すところまで追いつめる。とどめこそヴィヴィが刺したものの、イーサンが殺したようなものである。殺されたターゲットも良い父親だったかもしれない。娘は今後、恋人とうまくやっていけるのか。脚本にいろいろと疑問が残る。

ケビン・コスナーはアクションをがんばってましたね。現時点(2017年3月27日)で62歳という年齢を考えると、体はよく動いている。ただ、今のアクションの水準を期待するとちょっと物足りないかも。最初に敵をおびき寄せて倒していくところは良かったですね。

娘さんがいるお父さんが観ると、また違う観方になる作品だと思います。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment