FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
05
2017

タイガー・ハウス

TIGER HOUSE / イギリス、南アフリカ / 監督:トーマス・デイリー / サスペンス / 80分
33L__2017070511261773e.jpg
虎が出ないのでガッカリだ!
【あらすじ】
家に強盗が押し入ってきたので戦う。虎が出ません。



【感想】
「タイガー・ハウス」というからには虎が出てくるもんだと思うじゃんかあ! 虎が出ない。どこにも出ない。虎、熊、鮫とか大きい生き物が大好きなのにトホホである。

子供の頃、商店街に8個120円ぐらいの安いタコ焼き屋があった。だが、タコは一切入ってない。友人Nが抗議したところ、おばちゃんはNをひと睨みし「フン」と鼻でわらった。わたしたちは中学生ぐらいまで、無愛想なおばちゃんが焼く小麦粉焼きを食べ続けたのだ。そういう気分ですよ(無駄な文章)。

s4.jpg

恋人の家でいちゃついていたケリー(カヤ・スコデラーリオ、右)。そこに強盗団が押し入ってくるというわかりやすい話。また、この恋人マーク(左)が本当に役立たずでねえ。役立たずというか、バカで無責任。

・ボウガンをケリーに見せびらかしていたところ、誤ってケリーの太ももを撃ち抜いてしまい、ケリーは重傷を負う。
・ケリーが妊娠したが、自分は大学に行きたいので責任は取りたくない。
・ドラッグをやっている。
・マザコン気味。
・強盗に立ち向かうが即、捕まった。

バカだから死刑でいいな! というマークである。マークと一緒に捕まってしまう母親にも問題がある。過干渉であり、二人の交際に反対している。マークがいないときに勝手に部屋を漁りもする。おまけに自分は浮気中という。人質さんサイドの日頃のおこないが悪いので、あまり素直に応援できなくなってくる。

dd-5.jpg

強盗団のボスは瀕死の重傷を負う。彼は自分の死期が近いと悟ったのか、ケリーを助けてくれるんですよね。こうなると余計に人質側を応援しにくくなってしまう。

x1__20170705112618b7f.jpg

マークたちがあてにならないので、一人で戦いに臨むケリー。「メイズランナー」に出ていたそうですが内容をあまり憶えてない。なかなか凛々しかったです。ケリーは屋根裏に隠してあったボウガンを使い、強盗を確実に射殺していく。ただの女子高生とは思えない。ちょっとボウガンを手に入れる説明が苦しいような気も。マークに撃たれたときの矢を、カバンに「不運のお守り」として入れていたとか。脚本が苦しいぞ。泣かせる。

d47.jpg

強盗団の一人がいいキャラでしたね。強盗団の中でも浮き気味で、仲間から少しバカにされている。彼は留守番を任される。人質に取った妻の浮気相手が訪ねて来たが、あやまって殺害してしまったり、ドジがとまらない。

その際も洗面所にこもり、俺はダメな奴だ‥‥、ダメな奴だ‥‥、と落ち込む。このとき、ケリーは洗面所の天井に張りつき、落ちないように必死でがんばっているのだ。その下で、この人はリストカットを始めるんですね。もうここは笑ってしまった。おまえ、何をしてるんだという。この映画の一番の見せ場ではないか。なにせ虎が出ないのだから見せ場があるわけがない。

23AL_.jpg

どのキャラも素行が良くないせいか、感情移入しにくい。ある人物が裏切りをするどんでん返しがあるが、それも「ふーん」という感想しかなかった。ある程度、登場人物に肩入れできるような美学とか言い分が必要なのかな。

いろいろと納得がいかない部分も。ケリーが逃げ出したとき通報すればいいのだけど、自分でケリをつけようとする。それと、強盗団は家族の父親を利用し、彼の職場を襲うことで大金をせしめる。強盗団を倒したケリーは、その金を奪って意気揚々と家へ帰るんですね。奪われた金は保険でまかなえるからいいだろうということなのかな。おまえ、ど、泥棒じゃんかあ! 反省して!

まったく共感できない物語という。なにせ「タイガー・ハウス」というタイトルなのに虎が出ない時点で許せない。罪は重い。虎映画としては「バーニング・ブライト」がありますが、こちらはかわいい虎(CGではない本物)が出るのでたいへんよろしいです。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment