FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
09
2017

藁の楯

日本 / 2013年 / 監督:三池崇史、原作:木内一裕 / サスペンス / 117分
dter.jpg
10億円もらえるなら、人殺しも‥‥?
【あらすじ】
懸賞金が掛けられた連続殺人犯を護送することになりました。みんなが狙ってくるよ~。



【感想】
設定が面白そうで前から観たかった作品。奇抜な設定というのはリアリティの確保が大変というのを感じました。あと、警察が全体的にウッカリしがちで感情的。

3arge.jpg

少女惨殺事件で指名手配されていた清丸(藤原竜也、右)。殺された少女の祖父であり、財界の大物である蜷川は清丸の殺害に10億円の懸賞金を掛ける。身の危険を感じた清丸は潜伏先の福岡で警察に出頭。SPの銘苅(めかり、大沢たかお、左)、白岩(松嶋菜々子、中)と三人の刑事は清丸を福岡から東京まで護送する。大沢たかおさん、老けないなあ。

sge.jpg

SPは護衛対象を命がけで護衛する。だが、少女を強姦して殺した犯人でも体を盾にして命を守る意味があるのか。それがテーマの一つになっていると思う。銘苅は10億にも目は眩まないし、清丸の挑発的な言動にも動じず、冷静に職務を遂行していく。

銘苅の行動は正しくとも、信念というのはあまり伝わってこない。亡き妻の遺した言葉(のちに違うことが判明)がそうさせるのか、SPのプライドなのか。感情のままに犯人を処罰する私刑を認めてしまったら法治国家は成立しない。どんな残虐な犯人でも法の下に裁かれなければならない。という理念を語るでもない。守るべき理由とか、葛藤とか、もうちょっとあってもいいような。

ghrge.jpg

感情的なキャラが多くてちょっと物語に入り込みにくい。警視庁捜査一課の刑事神箸(永山絢斗、右)はSPを敵視するし、SPと警視庁でどちらが指揮をとるかでもやたらに揉める。警察内部の縦社会、硬直性、閉鎖性などを描きたいのかもしれないが問題児すぎる。犯人にも食ってかかるし。チームが5人しかいないのに、ケンカ大好きな人入れたらダメじゃん‥‥。ホラー映画に放り込むと、いい内輪揉めを起こしてくれそうな物件。

そんな神箸は清丸を狙った暴漢との銃撃戦で死亡する。しかしですね、なぜか防弾チョッキを付けてないんですよ。銘苅が撃たれたときは防弾チョッキで命拾いをしたというのに。泣かせる場面を作るために神箸を殺すなら、防弾チョッキを付けていて首を撃たせる手もあったと思うのだけど。神箸はただのドジっ子ではないか。

dtefr.jpg

ドジっ子といえば松嶋菜々子が演じた腕利きのSP白岩である。清丸に「あそこから誰か見ている」といわれ「どこどこ?」と探し「どこにもいない」と後ろを振り向いたら清丸がどこにもいなかったという。ズコーッてなります。こんなコントみたいな逃げ方を許していいのか! いくない!

白岩のやらかしは一度じゃないからなあ。二度目はよそ見しているときに清丸に銃を奪われて撃たれる。しかも、防弾チョッキを付けてないから死ぬ。神箸のときに学習しなかったのか。あれか、君たちは学習したらクビとか、そういうルールでもあるのか。腕利きのSPとは‥‥。

物語の進め方が安直すぎる。犯人と護衛対象の知力を尽くした攻防があり、相手の思考の上を行って出し抜くというのがサスペンスはないか。問題児が多すぎるぞ。しかも白岩は新幹線で清丸を射殺しようとする。

crge.jpg

同じく護衛にあたっていた警視庁捜査一課の奥村(岸谷五朗)に、清丸を殺して5億ずつ山分けにしないかと持ち掛ける。奥村に断られて思いとどまるが、あのー、こんな人を護衛にしたらダメだってば‥‥。

しかし、人はどれぐらいの金額で人を殺すものなんだろうか。この映画では、看護師、機動隊隊員、チンピラ、中小企業経営者など、いろんな人が清丸を狙ってくるわけです。大金というウィルスに感染したゾンビを思わせる。銘苅たちは誰も信用できず疑心暗鬼になっていく様子はいいですね。ただ、やはりどこかリアリティに欠ける印象があった。本当のところ、たとえ10億もらえたとしても人は人を殺せないんじゃないだろうか。捕まるし血を見たくないから。わたしは3000円ぐらいから良心価格で請け負っております。お気軽にご相談ください。

今回の映画は新幹線での銃撃戦は台湾で撮影されたそうです。やはり国内では難しいのかなあ。国産ゾンビ映画「アイアムアヒーロー」もショッピングモールの銃撃戦は韓国で撮られましたね。国内で撮影が可能になると、もっとアクション映画が増えて盛り上がりそうですね。

しかし、警察がドジすぎる映画だった。身も蓋もないことをいえば福岡から東京までヘリで行けばいいような。それでは映画にならないか。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment