FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
07
2018

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1

GAME OF THRONES / 2011年 / アメリカ / 製作:デイヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス、原作:ジョージ・R・R・マーティン / 中世、ファンタジー / 全10話
33_AL__201802071654196b1.jpg
血生臭さ漂う中世の物語。
【あらすじ】
「王の手」として王を補佐する。


【この作品を好きな人が、好きそうな作品】
銀河英雄伝説、ロード・オブ・ザ・リング


【感想】
中世ヨーロッパの世界を思わせるファンタジー。架空の大陸ウェストラスの覇権をめぐって、一癖も二癖もある登場人物たちが刃を交え、ときには手を取り合い、権謀術数の限りを尽くして相手を陥れる泥沼の群像劇。とにかくゴチャゴチャしていて、それは人間関係もそうですが、人の感情の一つ一つが濃い。野望、嫉妬、憎悪、愛情、すべてが濃くてギトギトしている。

あらゆる具材を鍋に放り込んで煮込み、最後まで形が残っていた具が勝ちというゲームを観ているよう。

クリップボード02

雰囲気がまずすばらしい。時代の空気を感じられる作品。歴史小説を読んだときに感じるのは、現代との価値観の違いで、映像化されたときにはその感覚が失われてしまうことが多い。当たり前だけど、現代寄りの価値観で作られているんですよね。少しきれいすぎるというか。そういった違和感がない。

三国志に次のような話があったと思う。一人の忠臣がおり、彼は暗君に政治を改めてもらおうと、自分の体を門に吊り下げて抗議する。君主が通り過ぎるとき「もし政治のやり方を改めないなら、自分でこの縄を斬って死ぬ」と言う。君主は忠臣の諫めを無視して通り過ぎてしまう。家臣は縄を斬り、地面に叩きつけられて死んでしまう。のちにこの国も滅びたように思う。

頻繁に命のやりとりが行われた時代の価値観は、現代とは大きく異なるように感じる。現代人にはなかなかついて行けないほどの過激さ、極端さなのだが、そこがまた魅力でもある。その濃密さと同様のものを感じる。感情の激しさもだが、残酷で野蛮な風習も多く残っている。男女差別も激しく、ときに女が物のように扱われる。そして「家」というものに、非常に重きがおかれる。現代人ともっとも違うのが、家に対する感覚だと思う。家のために結婚し、家のために死ぬことが当たり前の時代なのだ。性についての生々しさもかなりのもの。そういった時代の匂いというより、臭いといったほうがいいのかな、生臭く生命力に溢れた人々がすばらしい。

zAL__20180207165423f5e.jpg

鎧兜やドレスなどの衣装、宮廷や城塞の様子も胸が躍る。華美でありながら、どこか寒々しさも感じさせる。なによりすばらしいのが登場人物の描き方。ドラマは映画よりも時間がとれるので、じっくりと人物が描写されるのがいいですね。

ただ、この複雑さ、錯綜した人間関係がネックになって敬遠してしまう人もいるかもしれません。そもそも私は登場人物の名前が憶えられませんでした。実に気の毒な頭。シーズン1を観終わっても、今一つ誰が誰かわからないという。シーズン2ぐらいまで我慢して観てもらうと、頭の中に人物相関図ができてくるとは思います。最初は、3つの勢力があるんだな、ぐらいでいいと思います。

・スターク家(北の人たち、主役っぽい。いい人が多いけど、わりとだまされがち)
・ラニスター家(金持ち、嫌な人が多い)
・ターガリエン家(アフリカっぽいところに亡命、女王になる)

かなり残酷な描写(首を切って舌を抜く)とか、性描写も多く、人によっては嫌悪感があるかもしれません。でもねえ、シーズン2の後半あたりからかなり面白くなってきますよ。もうやめられないとまらないという。戦国時代ものが好きな人は、はまると思います。

適当に人物紹介。

z_AL__20180207165425304.jpg

スターク家の当主、エダード(ショーン・ビーン)。「ロード・オブ・ザ・リング」のボロミアですね。王を補佐する「王の手」としてロバートを支える。だが、かつて共に戦ったロバートは酒に溺れ、人が変わってしまっていたという。ヨヨヨ‥‥。

名君の資質がある人だと思います。

eAL__201802071654206b2.jpg

スターク家の子供たち。それぞれ成長していく様子がいいんですよねえ。左から、ジョン・スノウ、ブラン、ロブ。

esei.jpg

ラニスター家、王妃であるサーセイ。もう、この人の性格の歪みっぷりが最高。子供への溺愛っぷりもそうですが、腹立つわー。ほんと腹立つわー。また、この人の子供のジョフリーのサディストっぷりといったらもうね‥‥。

ph.jpg

性格最悪の皮肉屋と見せかけて、実はいい人というティリオン。シーズン2まで観ましたが、この人、最高じゃないですか。皮肉ばっかり言ってるんですけども、すごくかわいいんですよねえ。ティリオンは小人症という病気で、身長が人の半分ほどしかない。強烈なコンプレックスを抱えているが、その分、虐げられた人間の苦しみがわかる。シーズン2後半のシェイとのやりとりがねえ、とても良かったですね。好き。

sV1__201802071654263ce.jpg

ターガリエン家のデナーリス。やたら景気よく脱いでくれるお色気要員かと思いきや、女王になってからは芯の強さを見せて成長していく。立場が人を作るのだなあ。お付きの渋めの人も良いですね。

Amazonプライムでシーズン7まで観られます。好きな人は本当に好きという作品だと思います。今までに観たファンタジー作品の中で、最高の作品になるのではないかという予感がある。早く続きを観なければ。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment