FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
15
2018

ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-

HOT FUZZ / 2007年 / イギリス、フランス / 監督:エドガー・ライト / コメディ、アクション / 121分
AL__20180315083718e7b.jpg
すばらしき二丁拳銃ババア。
【あらすじ】
真面目に仕事してたら田舎に左遷された。



【感想】
「FUZZ」は警察の俗語。「ポリ公」とかになるのかな。最近あまり言いませんね。

美しい風景や、悲しい物語というのは言語や文化に関係なく伝わる。でも、コメディはなかなか伝わるのが難しいですよねえ。大笑いするような笑いとは違うものの、ニヤニヤさせられるような映画でした。イギリス映画らしいなあ。後半の予想を超えてくるような怒涛の展開は引き込まれる。あと、やはり二丁拳銃ババアである。ババアは銃を乱射するだけで面白いからずるい。私も女に生まれれば、老後は絶対に銃を乱射したのに‥‥。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」に続き、サイモン・ペッグ、ニック・フロストのコンビが活躍、エドガー・ライトが監督を務める。そんなこと書きながら「ショーン・オブ・ザ・デッド」は未見なんですけども。観よう。あと「宇宙人ポール」でもサイモン・ペッグとニック・フロストはコンビを組んでますよね。本当に仲がいいなあ。

5L__20180315083722dc0.jpg

ロンドンの警察で検挙率トップを誇ったニコラス・エンジェル巡査(サイモン・ペッグ)。あまりに優秀過ぎるゆえにトップから睨まれ「俺たちが無能に見えるから」という理由で、地方のサンドフォードへ転属を命じられる。わははは。

8AL_.jpg

堅物で優秀なエンジェル(右)と、やる気がなくていいかげんなダニー(ニック・フロスト、左)の凸凹っぷりが楽しい。二人がだんだんと絆を深めていく様子、信頼関係もいいですね。

yAL__201803150837238f7.jpg

サイモン・ペッグ(左)の静かなる顔芸。あまりにひどい演技を観たので、こんな顔に。やっぱり顔が面白いなあ。

クリップボード02g

これが二丁拳銃ババアだ! 自転車に乗りながらバンバン撃ってくる躍動感がたまらん! 憧れるわー。将来はこうなりたい。

ほのぼのとした田舎町のコメディかと思いきや、サスペンスホラーのような急展開。

6V1__20180315083721d8b.jpg

さらにはド派手な銃撃戦が行われる。コメディのアクションというと、取って付けたようなものを想像するかもしれませんが、予想を幾重にも超えてくる出来なんですよね。その意外性がワクワクさせてくれる。後味がよくサラッと観られる爽快感のあるコメディでした。イギリス映画好きの方にお薦め。

「俺たちスーパーポリスメン」というタイトルはさておき、ジャケットは日本版のほうが好き。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment