FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
27
2018

風の勇士 ポルダーク(シーズン2)

POLDARK / 2015年~ / イギリス / 監督:ウィル・シンクレア、原作:ウィンストン・グレアム / 時代劇 / 全10話 
d0_.jpg
うう、完全無欠だったロス様があんなことを‥‥。
【あらすじ】
裁判したり、採掘したり、浮気したり、いろいろ忙しい。



【感想】
ほぼ完璧とも思える内容で終わったポルダークのシーズン1。その余勢をかってシーズン2に突撃してみました。未見の方は是非シーズン1から。「ゲーム・オブ・スローンズ」も面白かったけど、こちらも楽しいですねえ。

18世紀イギリスの美しい自然と街並みは変わらずすばらしい。デメルザやエリザベスの美しさ、フランシスのひたむきな友情、ジョージのストーカーチックな陰湿さ、あいかわらずみんないろいろ企んでいて楽しいのです。

クリップボード02e

オープニングは1と同じですが、叙情溢れるメロディも美しい。このままでいいんじゃないでしょうか。風光明媚なところで、一度行ってみたくなる。

で、肝心のロス様(エイダン・ターナー、右)がさあ、今回はちょっとした人でなしになってしまったよ‥‥。どうしたのだ。

クリップボード16s

シーズン2は2話までが裁判。本当は裁判の話をシーズン1に押し込んだほうが良かった。というのも、裁判でロスが死刑になるかどうかの話なのに、シーズン2は10話もあるのだから、死刑にならないという結果が見えてしまう。とはいえ、裁判場面は十分に面白かったのだけど。ここら辺はドラマの仕方ないところかもしれない。

クリップボード08e

シーズン1でジョージの妨害もあって、確執が発生してしまったロスとフランシス。だが、デメルザの寛容さもあって二人の友情が復活し、鉱山も軌道に乗るかと思った矢先にフランシスは亡くなってしまう。うーん、急に性格が良くなったもんだから、何かあるんじゃないかと思っていたらまさかの死亡フラグだったとは‥‥。

本当にねえ、急に善人化しましたからねえ。シーズン1では、鉱山を賭けて博打をするという、息子の給食費を持ってパチンコに行く暴力オヤジのような暴れっぷりだったのに。

クリップボード04e

そして、フランシスの死により、未亡人となってしまったエリザベス。一人では生きられない女であり、ロスの宿敵ではあるがジョージに身を委ねる決心をする。エリザベスは、デメルザと関係が良くなったり悪くなったり、不意にロスを誘惑してみたりと、すぐに気持ちが変化するので安心して観ていられない。

そもそも定まっているのが珍しくて、人の気持ちなどすぐに変わるのが自然かもしれない。悪女といえば悪女なのかなあ。

クリップボード02ew

そこへいくとジョージ(左)は徹頭徹尾、悪い人なので立派。安心して観てられますね。いつか地獄に落ちてほしい。

フランシスの母親(右)に「早く死んだら~?」と言っている。また、このおばあちゃんも食えなくて面白い人。

クリップボード06e

あれほどデメルザ(右)を大切にしてきたロス(左)だったが、8話ではエリザベスと関係を持ってしまう。ロスは、多少強引なところがあるにせよ、自分の中の正義と照らし合わせて行動を決めてきたように思える。それなのに、エリザベスと関係を持つときの自分勝手さはひどい。デメルザがかわいそうじゃんかあ!

今までのロスとは別人のように思えるし、話を面白くするために強引にエリザベスと関係を持たせたように思えてしまった。

クリップボード02egd

そそくさと帰るロスを見送るエリザベス。大人の色気。事が終わってしまえば、ロスは気持ちが済んだのか、即後悔するところがけっこう情けなくて笑えもする。

一方、怒りが収まらないのはデメルザのほうで、浮気男ロスを待ち構えているのだった。

クリップボード05e

ロスの「説明できないが色々あって‥‥」という、わけのわからない言い訳に、超高速裏拳をかますデメルザ。

クリップボード07g

ざまあ! 気持ち良いほどのぶっ飛びぷりで地面に倒れてしまう。ゲラゲラ笑ってしまった。ジョージはボクシングを習って、毎回ロスにやられているがデメルザに習ったほうがいいのでは。

終盤の9、10話でロスとデメルザはずっとケンカしてるんですね。これ、1話が1時間だから、2時間近くケンカを観ていることになり、しんどい。デメルザの怒りはもっともなのだけど、女の人とケンカしたとき、日をまたいでもずっと怒りが持続している感じがリアルでいたたまれない。なんだろうなあ、あの許してくれない感じ。いや、悪いのはこっちなのだ。こっちというか、ロスだよ。ロスが悪いんだよ。

ロスにしてみると、こんなに謝ってるのになんで? という。気持ちはわかるものの、明らかに逆切れ風の怒りに繋がり、デメルザとさらに揉めてしまう。デメルザも仕返しに浮気しようとするし。はー、本当に仲良くしてほしいわー。「人の不幸でご飯が美味い」という私ではあるものの、ロスとデメルザは仲良くしてほしいのだ。

あれほど人の気持ちがわかるはずのロスが、あまりにも的外れなこと(鉱山で稼いだ金をデメルザの手に載せてご機嫌をとったり)ばかりするのでモヤモヤする。デメルザが求めているのはお金ではないことは、わかりきっているのに。ああ、ロス、なぜそんなに人の心がわからなくなってしまったのか‥‥。かと思えば、ドクターエニス(下)とキャロライン(上)の恋をうまく取り持ったり、そういうことはできるのだ。

自分の問題は解決できなくても、人の問題はよく見えるということなのだろうか。

クリップボード10d
クリップボード12e

もう、ロスは人でなしなので、私はこの二人にかけてみることにするよ‥‥。キャロラインは最初は嫌な奴と見せかけて、というパターンでしたね。ドクターエニスは、相変わらずのいい人っぷり。二人ともとてもいいキャラなので、シーズン3でも期待しております。ロスとデメルザのケンカには、うんざりさせられたものの、それでも面白かった。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment