FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
07
2018

ゴーン・ベイビー・ゴーン

GONE BABY GONE / 2007年 / アメリカ / 監督:ベン・アフレック、原作:デニス・レヘイン / サスペンス / 114分
33L__20180607013509784.jpg
正義を守るのは誰のため?
【あらすじ】
子供の誘拐事件の捜査依頼を受けた。



【感想】
ベン・アフレックの第一作目の監督作品なんですね。いやあ、一作目から才能を見せつけてくれます。監督二作目の「ザ・タウン」、三作目「アルゴ」も好きな作品で、今のところはずれがない。やるやないかー。

日本では劇場未公開ということですが、いい作品なのになあ。観た後に「自分ならばどうするだろう?」と考えることになる作品でした。それはいい映画の一要素かもしれません。みんな、鑑賞後にモヤモヤするのではないか。お薦めです。

1_V1_.jpg

ボストンで私立探偵として働くパトリック(ケイシー・アフレック、左)とアンジー(ミシェル・モナハン、右)のカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される。警察の捜査に業を煮やしたアマンダの叔母夫婦がパトリックたちに捜査を依頼した。

gAL__2018060701351686c.jpg

アマンダの母親ヘリーン(エイミー・ライアン、左)がまたいい味を出しているんですよねえ。娘が誘拐されていながら捜査には非協力的。麻薬中毒者で、娘に対しても虐待かどうか疑わしいラインの行動をとっている。娘を暑い車の中に放置したまま、火傷をさせてしまったこともある。しかし、詰めかけた報道陣の前では悲劇のヒロインを演じてみせる。ボサボサの髪や目の周りの濃さなどが、荒んだ生活を思わせていいですね。

荒んだ女というとエヴァ・メンデスが最高ですが、エイミー・ライアンの荒みっぷりもすばらしいですねえ。憶えとこ。

1V1__20180607013512eb6.jpg

やさぐれ者のような雰囲気だが、虐待については厳しく対応するレミー刑事(エド・ハリス、右)。いい顔してるなあ。どことなくシベリアンハスキーっぽい。この映画は何人かの警察関係者が共謀し、アマンダを麻薬中毒である親から守るために隠してしまうのだ。レミーたちの陰謀を見抜いたパトリックは、警察に通報してアマンダをヘリーンの元へ帰す決断をする。

cV1d_.jpg

パトリックのやったことは誘拐された娘を親元に戻したのだから、もちろん法律上は正しいのだ。だが、彼がこだわった正義というのはいったいなんだろうとも思う。正しいことをしたという自己満足に過ぎないのではないか。アマンダは幸せな生活を送れるとはとても思えない。まともに世話をしてもらえるかも疑わしいし、実の母親やその男によって殺されてしまうこともあるかもしれない。

もし、犯人の元で育ったとすれば十分な教育も受けられ、きっと健やかに成長するのだろう。だからといって、何の権限もない第三者が「この親は麻薬中毒だし、親として不適格」と決めつけて、子を親から取り上げていいのかという疑問はある。そして彼らの犯罪のおかげで何人かの死者も出ているのだ。

とはいえねえ、ヘリ―ンの行動を見ると苦いものがある。映画の最後には、ヘリーンはアマンダを置き去りにして、新しい男とデートをしようとウキウキと出掛けて行くのだった。ばかやろうである。それを見送るパトリックは、なんともやるせない表情をしている。虐待の疑いのある両親の元へ子供を戻すかは、難しい問題ですよねえ。この映画のような状態になったら「もうこうなったからには仕方ない。アマンダは新しい親のところで幸せに暮らせ。はい、この話はもう終わり!」でいいのだけど実際だとねえ。親として未熟なのは仕方がないが、子供を虐待した時点で親の資格はないのではないか。

im.jpg

ヘリーンのような親は珍しくもなんともないのだろう。モヤモヤとした感情が燻る結末でした。自分がパトリックの立場ならどうするだろうと、つい考えてしまう。いい作品だと思います。お薦めです。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment