FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
19
2018

ハーフネルソン

half nelson / 2006年 / アメリカ / 監督:ライアン・フレック / ドラマ / 106分
8L__20181019084135305.jpg
鬱屈を抱えたままに。
【あらすじ】
教師をやっています。でも、コカインやめられません。



【感想】
ライアン・ゴズリングは、いろんな作品に出ますねえ。みんな楽しめるものから、好きな人は好きという作家性の強い作品まで幅広い。この作品は好みが分かれそうな作品です。薬物中毒の中学教師と生徒の友情が描かれている。常にコカインで夢の中を漂っているような、気だるげな様子が印象的。

half-nels95.jpg

ブルックリンの中学校で黒人やヒスパニックの子供たちに歴史を教えるダン・デューン(ライアン・ゴズリング)。型破りな授業で生徒からの人気は高いが、ドラッグに溺れ、自分をコントロールできずにいる。ある日、自身がコーチを務めるバスケ部の生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)にドラッグを吸っている現場を見つかってしまう。そこから二人に奇妙な友情が芽生える。

y1u_.jpg

歴史教師ダンの鬱屈っぷりがねえ、なんでこの人はこんなに鬱屈しているのだろう。その原因がよくわからず、惹きつけられるところもある。人生へのあきらめや、やりきれなさを抱え、その逃げ道としてドラッグに溺れているのだろうか。

eon.jpg

父親から自分の勤める学校のことを「動物園」と揶揄される。たしかに彼が教える生徒たちの態度はひどい。公民権運動について教えても、寝ていて興味を持たない生徒もいる。彼らの両親や祖父母は差別に苦しんできただろうに、もはやなんの関心もない。そして自分の父親が差別主義者ということにも傷ついている。彼は自分を取り巻く環境と自分自身にゆるやかに失望しているように見える。それが彼の服装にも表れている。

だらしなく締められたネクタイ、はみ出たシャツ、ガムを噛みながらの授業。家の中も荒れ果てている。ただ、ライアン・ゴズリングがかっこ良すぎるせいか、だらしないかっこうがファッションにも見えるから困る。「これはこれでありだな」と思ってしまう。やはり、蛭子さんあたりにやってもらわないと。そうすれば嫌悪感いっぱいで観られるのに。

ダンは本当はものすごく真面目な人なのだろう。だから、夜にクラブでナンパした女性たちにも公民権運動の話をして、引かれてしまうのだ。彼が心底チャラチャラした人間ならば、そんな話はしないだろう。心の奥底にひたむきさを抱えつつ、その情熱をどこに向けてよいのかわからないやりきれなさから生活が荒廃しているのだろうか。

母親との会話で、両親の世代が「戦争をとめた」ことを評価している。これは恐らくベトナム戦争のことだと思う。世が世ならば自分も公民権運動の闘士として戦いたいという気持ちもあったのかもしれない。だが今や、差別自体はきちんと違法になっている。しかし、彼が教える生徒たちは差別に興味がない者たちもいる。おまけに自分の親は差別主義者である。自分にはその状況を変えるような力がない(と信じ込んでいる)。

y1_.jpg

バスケットボールの試合中、誤審を繰り返す審判に、たまらずボールをぶつける場面がある。根底には強い正義感があるものの、やり方が無茶苦茶で、ドレイとの帰り道に「審判にボールをぶつけるようなことはいけない」と真面目に反省もする。

k1__201810190841409fb.jpg

ドレイには、兄の友人に麻薬の売人がいる。これ、アベンジャーズのファルコンじゃないか。キャプテンアメリカの親友の。うう‥‥、売人にまで身をおとすとは。

で、ダンはドレイのことを心配して「売人とつきあうな」と注意するんですね。ドレイが麻薬取引に巻き込まれて、彼女の兄のように刑務所に収監されることを恐れている。教師としてのまともな一面を持ちながら、ダンはこの売人から麻薬を買い続ける。そして、小遣い稼ぎに麻薬を届けに来たドレイは、ダンが麻薬を買っていることを知る。

そのときのダンの表情がなんともねえ。薄く微笑んだような顔で「だってしょうがないだろ」とでも言うような。人のどうしようもない弱さを見せられたような気持ちになる。ドレイは、ダンの弱さを見て失望するのではなく、どん底からの立ち直りを促す希望のある終わり方になっている。

ダンは小説家になる夢を持っている。だが、理想を持ちつつも何もできずに麻薬へ流れてしまう。これが麻薬ではなくアルコールとかギャンブルとか、そういう人は多いように思える。それで本人が「俺の人生はこれでいいんだ。楽しいんだ」と、心からそう思っていてくれればいいのだけど、そうじゃなくて鬱屈している様子が見て取れるからつらいのだ。どこかで「俺は本当はこんなものじゃない」と思っているのが透けて見えてしまう。

「half nelson」(羽交い締め)というタイトルが少し変わっている。通常、プロレスでは「ハーフネルソン」ではなく「フルネルソン」が多い。

クリップボード01

このまま後ろに投げるとフルネルソンスープレックスになる。日本ではドラゴンスープレックスという言い方のほうが一般的ですけど。これを小橋建太選手は片腕だけロックしたハーフネルソンで投げていた。ハーフネルソンは安定しないし、相手に逃げられやすくて難しい。

スープレックスの話はどうでもいいとして、ダンの半分を羽交い締めにしていたものはなんだろうか。親なのか、劣悪な教育環境なのか、麻薬なのか。彼を羽交い締めにしていたのは「どうせこのままで、何も変われない」と思い込んでいる自分自身だったように思える。それを否定してみせたのがドレイで、彼女は麻薬の売人との付き合いを断ち、ダンの身なりを整えてやり直させようとする。ダンと同じように自分の半分を拘束されているように見えたドレイは、羽交い締めから抜け出していたのだ。

人は本気で抜け出そうとすれば、小橋建太のハーフネルソンからも抜け出せるのだ。

実際、抜け出せないけど。力が違うから。ぶん投げられて首の骨が折れる。

酷評が目立ちますが、そんなに悪い作品ではないと思います。やる気のないゴズリングが観たい人は是非是非。ドレイを演じたシャリーカ・エップスが良かったですね。しっかりした子だよお。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment