FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
01
2019

海底47m

47 METERS DOWN / 2017年 / イギリス、アメリカ、ドミニカ共和国 / 監督:ヨハネス・ロバーツ / パニック / 89分
47AL_.jpg
怪しい業者に頼んだら、やっぱり大変なことに。
【あらすじ】
鮫見学ツアーに行ったら海の底に置き去りにされた。



【感想】
いいですねえ、鮫映画。最近は鮫が空を飛んだり、頭がいくつもある鮫が出たり、鮫業界にも変革の波が押し寄せている。そんな中、わりとオーソドックスな鮫映画です。ここら辺で基本に立ち返るのもいいんじゃないでしょうか。由緒正しきホオジロザメが好ましい。もうちょっと鮫ちゃんの出番が多ければなあ。あまりちゃんと映らないんですよね。怖かったですし、最後に一ひねりあって良かったですよ。

55AL__20190302160620ddf.jpg

元カレから「退屈な女」という理由で振られ、落ち込む姉(左)。姉を慰めたい活発な性格の妹(右)。二人は南の島にバカンスにやってきました。お姉ちゃんは退屈な女なんかじゃない、そのために鮫鑑賞ツアーで鮫と写真を撮って彼氏を見返してやるのよ、とけしかける妹。じゃあ、私、がんばる! とその気になる姉。うーん、鮫と写真を撮ったところで、退屈な性格は変わらないのでは‥‥と思うのだけど。どうしようもない動機でひどい目に遭うというのがいかにもホラー映画っぽくていいですね。

しかし、姉は彼氏とよりを戻したいにもかかわらず、夜、バーで知り合った男にキスをしたり。おまえはいったいどうしたいんだという。そんな細かいことはいいんです。だって、これは鮫映画。鮫ちゃんが良ければそれでいいじゃないの!

この錆び錆びの檻が不安感を呼び起こします。いかにもトラブルがありそうな。

b_.jpg

鮫ちゃんのご尊顔。おおお、なかなかの迫力ですよ。

55AtL_.jpg

6メートル級のホオジロザメが悠然と泳ぐ姿が美しい。

1AL__20190302160609989.jpg

なんで鮫に惹かれるのか。普段いくら偉そうなことを言っていようが、海でプカプカしている人間は本当に無力。自分の小ささ、どうしようもなさを思い出させてくれるのが何か嬉しい気もするのだ。鮫の圧倒的なまでの力強さに惹かれる。

8L__20190302160615b92.jpg

怪しい業者は期待を裏切らず、ワイヤーはちゃんと切れて檻は海底47メートルまで落下。切れないわけがないんだ。鮫だけでなく、酸素不足の恐怖、窒素酔いによる幻覚、潜水病などなど、いろんな要素がダイバーを襲います。ほぼ海の中ながら、テンポよく危機に襲われて退屈せずに観られました。


日本版のジャケットですが、起きるトラブルがここにすべて書かれているという。ここまで書いたら観なくていいのでは‥‥。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment