FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
02
2019

ディア・ハンター

THE DEER HUNTER / 1978年 / アメリカ / 監督:マイケル・チミノ / 戦争 / 183分
eAL__20191202144735574.jpg
戦争で変わってしまった若者たち。
【あらすじ】
ベトナム戦争に行きました。



【感想】
ベトナム戦争に従軍したごく普通の若者たちの物語。ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、メリル・ストリープなどの若かりし頃の姿が見られます。ベトナム戦争に行くまでが長く、地元での結婚式の場面が1時間以上続く。平和な日常との対比ということでしょうか。しかし、無茶な飲み方をしますね。街中で裸になっちゃうし。

vAL__20191202144737142.jpg
z_V1_.jpg

メリル・ストリープ(下)は、歳をとってからのほうがすてきな印象がある。若い頃ももちろんきれいなのですが、上手に歳を重ねるというのはこういうことなのかな。

w1__20191202144739e10.jpg

ピッツバーグ郊外、クレアトンの製鉄所で働くロシア系移民のマイケル(ロバート・デ・ニーロ、中央)。休日には気の合う仲間と鹿狩りを楽しむごく普通の若者だった。マイケルたちロシア系移民のアメリカ国内での立場は直接的には描かれていないものの、かなりつらかったように思える。北ベトナムに祖国ロシアが味方し、南ベトナムにはアメリカが与した。だからマイケルは戦争に行くことがアメリカへの愛国心を示せるチャンスになると喜んでいるんですね。

マイケルの友人ニックが捕虜になり救出されるが、治療をしてもらうときにロシア人かと訊かれて憤慨する。アメリカのために戦ったつもりが、そりゃないよという。

山崎豊子の小説『二つの祖国』では、第二次大戦中にアメリカにいた日系移民が差別的な扱いを受けたことを思い出す。国に挟まれた個人というのは本当に悲しくもろい存在に映る。

31__20191202144727ef5.jpg

マイケルはベトナムで捕虜となってしまい、敵兵に捕虜同士のロシアンルーレットを強要される。祖国の名を冠したロシアンルーレットというのが皮肉。実際にこんな事はなかったそうですが凄まじい場面。というか、デ・ニーロ(左)がもはや誰だかわからん顔になってる。鬼気迫る演技。帰国後、マイケルは仲間たちと以前のようにしっくりといけない。どこか影のある性格になってしまう。

まだトラウマ(心的外傷後ストレス障害)という言葉が世間に認知されていなかった時代。戦地で人格が変わるところまで追い込まれた兵士たちは日常生活への適応にも苦労しただろう。周囲からの理解もなかったのではないか。マイケルの友人ニック(クリストファー・ウォーケン、下)は正気を失い、現地で狂ったロシアンルーレットをやり続けていた。

x_AL__2019120214473694d.jpg

アメリカで永住権を得るために軍人になるというのはよく聞く話ですが、戦争による代償はあまりにも大きい。狩猟が趣味だったマイケルが、帰国後は趣味で鹿を撃つことができなくなるのも興味深い。

dAL__20191202144733ec4.jpg

人を殺すと、何か魂の一部が欠けるようなことがあるのだろうか。マイケルは戦争前と戦争後で明らかに変わっているが、その変化については語ろうとはしない。ただ、深く深く傷ついて、恋人にも何も語らず、密かに傷を癒そうとしているように見える。起きたことを語ったところで、事件については理解できても、彼の心がどのような傷を負ったかを説明することなど、誰にもできないのだろう。戦争で、説明できない苦しみを負った人々は大勢いたのかもしれない。

あっけにとられるような終わり方で、苦い後味の残る映画でした。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment