FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
13
2020

ワンダー 君は太陽

wonder / 2017年 / アメリカ / 監督:ステファン・チョボスキー 、原作:R・J・パラシオ / ドラマ / 113分
330_AL_.jpg
【あらすじ】
人と違う顔に生まれて。



【感想】
遺伝子疾患によって人とは違った顔に生まれてきたオギー・プルマン(ジェイコブ・トンブレイ)。27回もの手術を受けたせいで学校へは通わず、10歳まで自宅で学習してきた。だが、母親のイザベル(ジュリア・ロバーツ)はオギーが5年生になる日から学校に行かせようと決意する。

vAL__20200117092953bf9.jpg

顔に痛々しい手術痕の残るオギー。クラスにうまく溶け込めず、いじめの標的にされてしまう。それでも得意の理科をきっかけにジャックという友達ができ、しだいに学校が楽しくなってくる。

xL__20200117092945f58.jpg

オギーに感情移入するより、両親の視点から映画を観てしまう。今まで母親のイザベルにベッタリだったオギーが、迎えに来たイザベルをほったらかして友達のジャックと遊びに行ってしまうところなど、観ていて本当に嬉しくなってしまう。いじめられて凹んでいた子が‥‥よくぞ、ここまで‥‥という。ううう‥‥。

両親や姉がオギーのことを全肯定しているのも観ていて嬉しい気分になる。顔が崩れた状態で生まれてきた我が子を受け入れることに苦悩しそうなものだけど、家族はまったく普通にオギーを受け入れているんですね。そういった葛藤が描かれていてもよかったような。あまりに出来すぎな家族に感じたのだ。

eAL__20200117092950c7d.jpg

オギーを執拗にいじめるジュリアン(右)。ある程度、年齢がいけば子供たちもオギーの傷だらけの顔に同情できるのかもしれない。だが、子供たちに容赦はない。

cL__2020011709295122b.jpg

幸いオギーには理科の才能と、明るい性格、理解ある家族がいた。どんな人も受け入れてくれるのが理想の世界ではあるけれど、世界はそれほど寛容でも優しくもない。子供の世界でもどこでも戦いはあって、私たちは自分の居場所を自分で確保していかなくてはいけない。オギーも戦って居場所を手に入れる。

オギーが努力家だったり、家族や周囲がみんないい人で、そんなにうまくいくのかなという部分はあるのですが、嫌な気分にならずに観られる映画でした。ま、ジュリアンは嫌な奴で、きっちりとジャックが制裁を加えるのですっきりします。

a_V1__202001170929448e4.jpg

世界がこれほど寛容さに満ちていればなあと、思ってしまった。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment