FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
20
2020

ブラック・クランズマン

BLACKkKLANSMAN / 2018年 / アメリカ / 監督:スパイク・リー / 潜入捜査、コメディ / 135分
4AL__20200220231541460.jpg
【あらすじ】
黒人刑事だけど白人至上主義団体に潜りこんで捜査する。そんな無茶な‥‥。



【感想】
『マルコムX』『ドゥ・ザ・ライト・シング』『インサイド・マン』などのスパイク・リー監督作品。黒人刑事が白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査した実話をつづった小説を映画化。人種差別を扱うと重厚な作品になることが多いですが、この作品はかなり軽い仕上がりになっているのが珍しい。

人種差別はまだ存在するものの、かつてのような苛烈さはなくなっている。コメディとサスペンスを掛け合わせたような作りで楽しめるというのは、幸せな時代かもしれない。ラストはトランプ大統領を批判するようなメッセージが入っています。

49AL_.jpg

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デビッド・ワシントン、右)。デンゼル・ワシントンの息子ですが似てませんね。デンゼル・ワシントンは『遠い夜明け』『グローリー』『ザ・ハリケーン』など差別を扱った作品によく出ている。どれもいい作品。

ロンは新聞広告に載っていたKKKのメンバー募集に電話を掛け、自分は黒人でありながら黒人を激しく罵倒、入団面接にこぎつける。無茶な人だよ‥‥。しかし、KKKて新聞にメンバー募集出してたのか。それはそれで狂っておる。

dV1__20200220230901175.jpg

ロンは黒人なので面接に行くことはできない。代わりに同僚のユダヤ人フリップ(アダム・ドライバー、右)が手助けする。ロンは頻繁にKKKのメンバーと電話でやりとりを行っている。電話中にした会話はすべてフリップに伝えているだろうけど、食い違いが出そうで怖い。ロンではなくフリップが直接やりとりすればいいのに。ロン、いらないような‥‥。ところがこの部分、実話とのこと。なんだか奇妙な捜査をしていますね。

右から2番目、スティーヴ・ブシェミかと思ったらマイケル・ブシェミだそうで、スティーヴの兄弟なんですね。似てる!

yyV1_.jpg

潜入捜査をするフリップ。赤のチェックの上着にジーンズ、一般的な農家のかっこうにも見える。白人至上主義者は、アメリカではこういったかっこうが多いのだろうか。アダム・ドライバーってキアヌ・リーヴスに似ているな。髪型だけかなあ。

sV1__20200220230859b45.jpg

黒人をリンチして殺していた時代のKKKではなく、その後の時代のKKKを描いている。差別が消えたかのように見えて、まだくすぶり続けているような時代。現代にも通じる。今この作品が撮られたというのも、トランプ大統領の出現によってアメリカの移民排斥が加速したことへの危惧があるのかもしれない。とはいえ、作り自体はかなり軽い。冗談になるようなならないようなラインというか。

正直、それほど見せ場はないんですよね。潜入捜査ものでいうと、正体がバレるというのが一番の恐怖ですが、それもあまりドキドキ感がないし、なにせロンは電話番なのである。フリップが危険な役をしているのだから、フリップが主役でも良かったような。ロン、電話で面白いこと言ってるだけじゃーん。

ま、面白いこと言ってるからいいのか。

AL__2020022510295046d.jpg

ロンの恋人パトリス(右)。彼女は白人警官を憎悪していて「豚」と呼んでおり、黒人解放闘争を訴える政治組織ブラックパンサー党の信奉者。黒人こそが美しい、ブラック・イズ・ビューティフルというスローガンを支持する。白人至上主義が駄目なら、当然、黒人至上主義も駄目なわけだけど。

この映画はブラックスプロイテーション映画の形をしているようにも見える。ブラックスプロイテーションは愚かな白人、頭の良い黒人が登場して、黒人が白人をやっつけるという構造が特徴的。ロンという頭の良い黒人が、KKKを手玉にとってやっつけるのはまさに構造どおり。でも、ブラックスプロイテーションにはパトリスのような存在はいないわけで、そこでバランスをとっているとも言えるのかな。

人種差別を軽妙な冗談でくるんだ作品に見えるが、その冗談が冗談で済まなくなるかもしれないという現在の状況を示唆している作品に思えた。面白かったかというと、正直、そんなにという‥‥。

s_V1__20200220230855501.jpg

『ミザリー』のキャシー・ベイツに似た人種差別主義者のおばちゃんが出てくるんだけど、この人、もっと活躍しそうだったのになあ。いいキャラ。なにせ顔が面白い。私は白人でも黒人でも、顔が面白い人を応援する。顔が面白い人にがんばってほしい。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment