FC2ブログ

旧作映画の感想、ネタバレしてます。
21
2020

コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語(シーズン1~3)

CALL THE MIDWIFE / 2012- / イギリス / 原作:ジェニファー・ワース / 医療 / シーズン1~3
AL__20200321162808d98.jpg
【あらすじ】
助産婦と妊婦ががんばる。



【感想】
1950年代、ロンドンの下町イーストエンドを舞台にナースとシスターの活躍を描いた物語。第二次大戦から間もない時代、街は復興しているものの人々の暮らしは貧しい。それでも街は活気に溢れている。驚くべきことに、イギリスはすでにこの時代、医療費無料を実現しているんですね。ナースやシスターたちの明るさ、なんとしても人を助けるんだという覚悟に胸を打たれる。Amazonプライムでシーズン3まで配信されていますが、とても良かったです。2020年3月28日現在、シーズン11まで制作されています。

reAL_.jpg

あんまりよくできているもんだから、何も言うことがないという。みんな、いい人だよおおお、としか。全員好きだな。本当にねえ、嫌な人が一人も出てこないドラマなのではないか。かといってご都合主義だったり、リアリティに乏しいわけではない。

r99_AL_.jpg

主人公のジェニーを演じたジェシカ・レインが美しい。いい場面だなあ。髪型や服装は古いですが、とてもよく似合っている。この時代、多くは自宅出産なんですね。妊婦が産気づくと、ナースやシスターが暮らすノンナートゥスハウスに電話が入る。電話を受けた彼女たちは、夜中だろうと妊婦の元に自転車で駆けつける。大変な仕事ですね。

一話には「すべての母親は英雄である」という言葉がでてきますが、激痛に堪えて子供を産む姿にはたくましさを感じる。笑気麻酔が登場するのも物語の途中からで、それまでは激痛はひどいものだったのでしょうねえ。医療技術が発達しておらず、衛生環境も悪い当時は、出産は命がけの行為だったのだろう。今でも大変なのでしょうけども。

fg1_.jpg

シスターたちも助産婦をしておりますが、みな人格者というわけではない。というか、ナースよりも過激なような。人の悪口も言うし、かなりきつい人もいる。シスター、エヴァンジェリーナ(左から2番目)とか。肝っ玉母さんという感じ。好き。たくましくて、したたか。

sAL__20200321162818eec.jpg

この頃の人は現代に比べるとかなり力強い。貧しい人も多いけれど、ポンポン子供を産んじゃうところがある。思えば、私の父も4人兄弟だし、母は5人兄弟だった。それでもこの時代としては平均的なのかもしれない。今は2人いれば多いほうだろう。

産気づいたときにノンナートゥスハウスに電話を掛けてくるが、電話だって家にない。公衆電話を使っている。多くは貧しい人なのだ。人の幸せが、人と人との関係にあることを思い出させてくれる。

d00_AL_.jpg

トリクシー(左から1番目)の恋愛もよかったですね。ダンスを知らない牧師と踊るところとか。浮気をした白人の妻から産まれた黒人の子供をそっと受け入れる夫だとか、振舞いに美しさを感じる場面も多い。本当にねえ、よくできている作品は言うことがないんですよねえ。悪口を書きたいんだ、私は。早くシーズン4以降も配信してほしいもの。お薦めです。

そうえいば医者も看護士も、みな煙草をスパスパ吸っているのが時代を感じさせます。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment