16
2011

映画「南極料理人」

南極料理人
2009年 / 日本 / 監督:沖田修一 / コメディ


「西村君‥‥、くふふ‥‥、ラーメンだぁ!」
ここのところあんまり映画を観てないのですが、それでもわりといい作品に当たっている。勘が冴えるといいますか、連続でいい作品に当たるときがありますね。ついてるんだなあ。

【みどころ】
かわいいおっさんがたくさん出ます。おっさんしかいない。

【あらすじ】
南極観測隊の一人として、南極にあるドームふじ基地へ派遣された西村(堺雅人)。隊の食事をまかなうため、8人分の食事を作り続ける毎日。男だけの集団生活は、まるで学生寮を思わせるようなコメディになっている。

【感想】ネタバレしてません。
ストーリーらしいストーリーはなく、ショートコントを繋ぎ合わせたような作りになっています。上品なコメディなんですよね。いやらしくなる一歩手前で止めるというか。

南極だとか潜水艦の中だとか、閉鎖空間で生活していると食事の重要性はふだん以上に増してくると思います。なにせ楽しみがないしなあ。本当に大切なことだと思いますよ。食事をするシーンがいくつかありますが、みんなけっして「うまい」とか「美味しい」と口に出して言いません。ただ、黙々と食べている。その様子が本当にいい。

それに対して料理人の西村も、「どうですか?」とか「美味しいですか?」と一々訊ねずに、みんなの反応をキョロキョロうかがっている。まあ、ソースやマヨネーズをドバドバかけられたりもしてるんですが、ぐっと我慢している。その品の良さが良かったです。

男たちが集団でバカ騒ぎをしたり、何かあるとすぐ裸になったり、そのくだらなさっていうのが微笑ましいんですね。男のかわいらしさをうまく撮っているようで、こういう笑いは男より女のほうが好きなんじゃないだろうか。男は、男のかわいらしさについてはちょっと引いた目で見るところがあるので。もう本当に男子寮のバカ学生そのまんまですが、嫌になる感じはなくて仲間に入りたくなります。あれはうらやましい。

キタロウさんがラーメンを食べるシーンがあるのですが、あれがねえ、映画史上もっとも嬉しそうにラーメンを食べるシーンだと思います。微笑ましさの極致。あれをかわいいと言わずして、何をかわいいと言えばいいのか。最高。

大笑いするというより、ちょっと微笑んでしまうエピソードが連なっています。ホロッとさせるシーンもありましたが、そこも泣かせようとすれば泣かせられるのだけど、あえてサラッと仕上げています。やたらに泣かせようとしないのがいい。

みないろいろ問題を抱えつつも一つの家族みたいで、ずっと彼らを眺めていたいと思わせる内容でした。これはあえて終わりを作らなくてもいいと思うので、是非二作目、三作目と撮ってほしいですね。ラーメンが食べたくなる映画です。お薦め。 


JUGEMテーマ:日記・一般 
スポンサーサイト

5 Comments

しゅん  

No title

ラブコメとホラーはどういうわけか腰が引けていましたが、面白そうですし是非観たいと思います。
他にもいろいろと挙げていただいて、いやあ嬉しいですね。楽しみが増えました。ありがとうございます。

2011/12/19 (Mon) 03:11 | EDIT | REPLY |   

みちよ  

No title

ラブコメなんだけど、これがまた脚本が素晴らしいの。
観た人みんなが幸せになれる(はず)の映画です。
わたしが映画監督なら、南極料理人やラブアクチュアリーや
ひかりのまちやギター弾きの恋みたいな映画を撮りたい。
(全部毛色が違うけど^^;)

2011/12/18 (Sun) 11:01 | EDIT | REPLY |   

しゅん  

No title

面白かったですねー。
学生の寮や合宿みたいで楽しそうで良かったです。コメディって本当に仲良くないと撮れないんじゃないですかね。まったくわかりませんが。それぐらい息が合ってるようにみえました。

お友だちの方、ああいう映画に関われるなんてすてきな仕事ですねー。

堺さんの作る料理、本当に美味しそうでした。裏方さんがいい仕事をされているのでしょうけど。お握りやラーメンが食べたくなりました!

ラブアクチュアリー観てみます。ビデオ屋でジャケットを観て、「ラブコメかー」と敬遠してたのですが。

2011/12/17 (Sat) 19:09 | EDIT | REPLY |   

みちよ  

No title

追伸2 この時期になると「ラブアクチュアリー」が観たくなります。ご覧になったことあります?

2011/12/17 (Sat) 15:52 | EDIT | REPLY |   

みちよ  

No title

にやにやにやにや。
面白いですよねー。大好き。DVD持ってる。
しかも装飾(あのお部屋を作ったりする仕事)の人がお友達。
現場もものすごく雰囲気がよかったみたいです。

わたしは堺さんの握るおにぎりになりたいと本気で思いました。

追伸:(500)日のサマーもだいすきー。

2011/12/17 (Sat) 15:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment