15
2012

映画「レポゼッション・メン」

・レポゼッション・メン
2010 / アメリカ / 監督:ミゲル・サポチニク / SF

近未来借金取り 何がなんでも回収するよ!

【あらすじ】
近未来、人工臓器の普及によって人々の寿命は飛躍的に延びていた。しかし、その高額な費用を払えずに支払いを踏み倒す者たちもいた。「そんなの許さないもんね。払えなければ、臓器回収しちゃうもんね」という人口臓器回収担当者(ジュード・ロウ)のお仕事に迫ります。

【感想】ネタバレなし
まあ、無茶な話なんですよ。この人工臓器の販売会社ユニオン社の悪徳商法がすごい。
「人工臓器つけないと死んじゃうよ?あなた自身と家族のためにつけようね。ローン組ませてあげるから!」と、簡単に高額ローンを組ませるものの、支払いが滞ると体を切り裂いて回収します。グロい。

逃げるやつは気絶させて回収だ!
「これから臓器回収するけど、終わった後で救急車呼ぶ?」と聞くジュード・ロウ。相手が気絶してるとかは関係ないです。規則なので一応聞いた。返事がないけど知りません。気絶したやつが悪いんです。ザ・やっつけ仕事。
こちらはジュード・ロウの上司。悪そうな人だあ。
そうです。悪い人です。

このいかにも悪い会社、みたいな雰囲気がいいですね。DVDに収録されていたこの会社のCMも面白かったです。保険会社のCMみたい。本編にはほとんど出てこないんでもったいない。

未来の街並み。これがブレード・ランナーに似ていた。やはりSFを撮る人は多かれ少なかれ影響を受けるんでしょうねえ。でもこの作品は、それを隠すんじゃなくて「こんだけ似せられたよ!」みたいに押し出してくる感じがある。

うーん、あんまりいいことじゃない気がする。憧れるのはいいけど、どうしてもブレード・ランナーの贋物みたいに見えてしまう。それと、CGで奇麗に作りこまれているのはいいけど、あまりストーリー自体と絡まないので表面的で中身がない印象だった。

ブレード・ランナーは街の活気があって猥雑な雰囲気が良かったけど、この未来都市はこのCGの他はそんなに街の内部が登場しないんですね。物語は廃墟や会社内で進むことが多いので。どうせなら街のいろいろな場所でストーリーを展開させてほしかった。

銃を持ってご満悦の二人。右は同僚のフォレスト・ウィテカー。ジュード・ロウはあまり笑っているイメージがないのですが、これを見ると二人とも実に楽しそうですね。二十人ぐらい殺してますけど。

戦闘シーンは多目で撮り方も凝っています。ただ、血のでるシーンや臓器回収の生々しいシーンが多いので苦手な方は注意。

シナリオはこれでもかと伏線が示されており、鋭い方はラストの予想がつくかもしれません。わたしは、ボーっと生きてますのでうまいことだまされました。


 
JUGEMテーマ:映画 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment