28
2012

映画「アフロ田中」

アフロ田中
2012年 / 日本 / 監督:松居大悟 / コメディ


【あらすじ】
アフロヘアの青年田中(松田翔太)と、彼を取り巻く友情と恋の物語。童貞をこじらせておる人の話だよ。

【感想】一部ネタばれしてます。
原作は漫画らしいですが未読です。

作品の出来とはべつに、観たい映画と観たくない映画があります。SFやサスペンス、ミステリーは出来にかかわらず観たいです。で、もてない人が出てくる映画は観たくないというのがよくわかった。なんでしょうか、同族嫌悪?こういう映画は心が痛い‥‥。コ、コメディなのに‥‥。

最初は他愛なく笑っているものの、あれ?この主人公の行動、なんかわたしも似たようなことやってるな‥‥、と思うともう駄目である。だんだん他人とは思えなくなり、さて、どこで腹を切るか‥‥、死ぬ前にパソコンの中身消しとこ‥‥、という思いになります。悲壮。

男心の滑稽さや、主人公アフロ田中の変に真面目なところがおかしくて良かったです。工務店の社長(リリー・フランキー)に、無断欠勤を詫びるシーンが特におかしかった。リリーさんは、青春映画によく出ていますよね。それも華やかとか爽やかなやつではなく、童貞をこじらせてモヤモヤしているやつが多い。

「色即ぜねれいしょん」「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「モテキ」そしてこの「アフロ田中」。なんだか、若い人を見守る優しさみたいなのを感じます。わたしがリリーさんのような人を好きだから、そう見えるのかもしれない。

で、松田翔太さんが主人公というので、あんなかっこいい人がコメディなんてどうなんだろうと思いましたが、本当にピッタリとはまってました。良かったですねえ。でも、もてない男という設定だけど、アフロ姿でもこんなにかっこいいけどいいのか。面白いからいいか。

そして、主人公が恋をする隣人、風呂もないボロアパートに引っ越してきた加藤亜矢(佐々木希)。本当にきれい。というか、なぜこんなボロアパートに。そして、なぜこのアフロに恋を!解せぬ!

一ヶ所、見過ごせないシーンがありました。かなり品のない話になります。ここらへんがコメディの難しいところなのかもしれない。クリスマスの夜に田中と亜矢がちょっといい雰囲気になります。田中の部屋の押入れには、突然訪れて田中を驚かせてそのリアクションを撮影しようと高校時代の友人たちが隠れていました。田中一人だと思っていたら女の子も来たので、出るに出られない。

で、よくある展開ですが、田中と亜矢がちょっと接近したときに、もっとよく見ようと押入れに入っていた友人たちが押し合った挙句、押入れの戸がはずれて飛び出してしまう。田中を撮影するつもりだったから、友人の一人はビデオカメラを持っている。それを見た亜矢は、そのカメラで自分たちのセックスを撮影しようとしていたと誤解する。「ハメ撮り!?」と、田中にビンタして部屋を出て行ってしまう。

いや、このセリフ、どうなんでしょうか。亜矢という女性は設定では清楚ということなのだけど。ハメ撮りという言葉は若い女性の間で市民権を得ているのだろうか。市民権ときたよ、オイ。会社の女の子に聞いてみようかな。セクハラで訴えられるわ。アダルトビデオの世界の言葉かと思っていた。なんだかナマナマしくて嫌だよ。

しかし、佐々木希がねえ、「ハメ撮り」なんて品の無いセリフを。困ったなあ。あの部分、録音して携帯電話の着信音にできませんか?どうですか?ね!ね!

オイ!この変態!まったく!
アイツには刑務所から出てこないように、きつく言っておきました。わたしの心の刑務所から。わたしとは別人ですから。

でも実際、そこで違和感を感じたのは本当である。あそこは無言で部屋を出るという選択もあったのではないか。以降のケンカやスピーチも、やや強引な感じがしてあまり入り込めなかった。それというのも佐々木希があんなこと言うから!ほら、なんか、もうモヤモヤする。そうか佐々木希が悪かったのか。そういうことだな。
JUGEMテーマ:映画 
スポンサーサイト

Tag:コメディ

2 Comments

しゅん  

No title

アフロ田中、良かったですね。切ない感じが。

亜矢のことが好きで、ゴミ山にむかって「ちくしょー!好きだー!」と意味無くダイブするとことか。バカで愛おしい。

たしかにコメント欄、文通記録みたいになってますねえ。他の人も書いてほしいですね。黒犬さんと僕の間を引き裂いてほしい!

誤解されるわ。

2012/09/29 (Sat) 15:08 | EDIT | REPLY |   

黒犬  

No title

見テシマッタンデスネ!
私も見ていて「あれ・・・なんだろう、この『他人とは思えない気持ち』・・・え?これってもしかして・・・」とか思っていたら、一緒に見ていた妻が一言。

「昔の自分を見てるみたいでしょ!」

なるほど確かに。

私の場合はしゅんさんのような「同族嫌悪」というよりは、愛おしさというかなんと言うか、「応援してあげたい気持ち」が強かったです。

「ハメ撮り」の部分は、全く同感です。
あそこはセリフ不要だと思ったし、セリフをどうしても入れるというなら何か他の言い回しがあっただろうに・・・

なんだか記事横の【コメント】のとこ見ると、博士と黒犬の文通記録みたいになってますな(笑)

2012/09/28 (Fri) 07:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment