04
2013

映画「最高の人生の見つけ方」

最高の人生の見つけ方
2007年 / アメリカ / 監督:ロブ・ライナー / コメディ


余命6ヶ月なので好きにやることにした。文句ないよな!
【あらすじ】
同じ病室に入ることになった、まったく正反対の性格の二人。ともに余命6ヶ月を宣告されたエドワード(ジャック・ニコルソン)とカーター(モーガン・フリーマン)は、人生でやり残したことをすべてやるために冒険の旅に出る。

【感想】ネタバレしてません。
原題は「The Bucket List」。辞書を見ると、首吊り自殺をするときに踏み台のバケツ(bucket)に乗って、バケツを蹴って死ぬことから「kick the bucket」には「死ぬ」という意味があるそうです。「The Bucket List」は「死ぬ前にやることリスト」という意味でしょうか。

で、同室の二人はこのリストを作成して達成することに決める。「壮大な景色を見る」「見ず知らずの他人に親切にする」など、上品な内容をあげるカーターに対し、エドワードは「世界一の美女にキスをする」「スカイダイビングをやる」とか、欲望一直線なのがいいですね。しかし、ジャック・ニコルソンて性格が歪んだ変人の役しか観たことないなあ。似合ってるけど。今回もいい感じに歪んでるよ。
スカイダイビングをすることをしぶしぶ了承したものの、直前でビビるカーター。いいですなあ、この困り顔。たまらん。

今度は、お気に入りの車でカーレースを楽しむ二人。嬉しそうな老人て、すごくいいんですよねえ。車をぶつけ合ったりして本当に楽しそうなんです。楽しみ方、おかしいだろ。

こちらは、わがままなエドワードの秘書トマス(ショーン・ヘイズ)。クビとかバカとか言われてもエドワードの面倒を見ている。最初は財産目当てかと思ったけど実にいい人なんだよ。

これはお見舞いの花を持っていく場面だけど、この聖火ランナーみたいな花の持ち方が彼の生真面目な人柄を表わしているようですね。真面目、有能、お茶目という三拍子そろった秘書なのです。すてき!

右の看護師はサモハン・キンポーに似てる。全然関係ないけど。それだけを書きたくて大きい画像を使いました。

エドワードは見舞いに来る人は秘書しかおらず、お金しか友だちがいない大富豪。そんな彼も、この秘書だけは皮肉を言いつつも信用している。秘書は秘書でエドワードに皮肉を返しつつも献身的に仕える。この二人の信頼関係がいい。トマスはエドワードの隠し子かと思っていたが、そういうこともなかったですね。とてもいい脇役でした。

しかしなんといってもモーガン・フリーマン、ジャック・ニコルソンの関係がいい。くだらない冗談を言い合い、ときに哲学的な議論をし、お互いの考え方は掛け離れていてもお互いを否定することはない。妙にベタベタすることもない。お互いが死に近いから、変に同情し合うこともなくカラッとしている。その絶妙な距離感。

ついニヤニヤしてしまう、すてきな映画でした。「最高の美女にキスすること」の最高の美女ってのが良かったですね。お薦めです。

※予告編はとても重要な場面が映っているので、未見の方はご覧にならないほうがいいかもしれません。

 
JUGEMテーマ:映画
スポンサーサイト

Tag:ドラマ

0 Comments

Leave a comment