30
2013

映画「トロール・ハンター」

トロール・ハンター
Trolljegeren / 2010年 / ノルウェー / 監督:アンドレ・ウーヴレダル / フェイクドキュメンタリー


トロールは実在した!
【あらすじ】
ドキュメンタリー映画を撮っている大学生が、トロールハンターに密着しました。

【感想】
ブレア・ウィッチ・プロジェクトのように手持ちカメラで取られた映画。熊の密猟事件を調査する三人の学生は、密猟を追っているうちにハンスという怪しい男に出会う。ハンスを尾行した三人は、深夜森の中で何者かに襲われる。襲ってきたのは伝説上の怪物とされていたトロールだった。ハンスはトロールを追うトロール・ハンターだったのだ!トロールは、森の巨人みたいな感じ。凶暴です。

左の写真がハンスさん(オットー・イェスパーセン)、渋い。山の男でございます。そして右の写真が甲冑を装備したハンスさん。これでトロールと戦うぞお!って、ブリキのバケツをかぶっているようにしか見えませんが大丈夫でしょうか。案の定、トロールにパンチ一発でKOされるハンスさん。いかん。

この映画、トロールはもちろん、背景の設定にすごくこだわっているんですね。トロールの生態についても細かいですが、ノルウェー政府がトロールの存在を隠蔽しているというのが面白い。理由については説明されないのだけど、観光客が減ることを恐れて、トロールが暴れたのを熊の犯行に見せかけているのかな。「トロールがいたぞ!」って宣伝したほうが、人は来ると思うのだけど‥‥。

TST(トロール保安機関)は、トロールが暴れた場所にかけつけて熊の死体を手配する。みんなして、えっちらおっちら熊の死体を運ぶ。コメディか。で、熊足棒とでも言うのだろうか、熊の足がついた棒で、地面に熊の足跡をつけてまわる。大真面目にやっているのがいい。

ハンス自身は、TST(トロール保安機関)という政府組織に雇われた公務員にすぎない。取材を申し込んできた学生たちに「危険だし、給料も安いし、手当てもつかないし、こんなに忙しいのにトロール・ハンターは国で俺一人だし‥‥」などと愚痴り始める。学生たちの「密着ドキュメンタリーを撮りたい」という申し出もOKする。国への腹いせか?トロールの存在を極秘にする任務はどうでもよくなったようです。

ふつうのUMAものというのは、凶暴な生物がいて、仲間がやられたりしつつも最後は倒すという作りになっていることが多い。これは、トロールそのものよりも、トロールを取り巻く人々や機関に着目したのが新しかった。でも、面白いかというと、正直そうでもなくて淡々としている。不思議な映画でした。

DVDのジャケットを貼ろうとしたのですが、トロールがバーンと写っちゃっているのでやめた。予告編にも出てしまっているので、観る方はご注意ください。推理小説の最初のページに犯人を書くようなものだと思うのだけど。テロである。

JUGEMテーマ:映画 
スポンサーサイト

2 Comments

しゅん  

No title

久しぶりに本気で恥ずかしいと思いました。

だいたいですね、和菓子の話をしているときに「餃子味」はないです!

しかも、餡子を餃子と読んだことをちっとも疑わないという‥‥。「そうか、餃子味ってあるんだ!」と本気で思ってましたから。うーん、もう本当にどうしたらいいのか。

マニ車を回しまくることで記憶も飛べば幸せなのにー。そういう機能をつけてほしいです。

2013/07/02 (Tue) 01:50 | EDIT | REPLY |   

(以下略  

No title

バケツ兜カッコイイ!!
検索したら、まんまとパッケージ出てしまいました。あぁ…
しゅんさんの映画ばなしは愛があっていいなあと。
反比例するように、配給会社が出してくる邦題が割としょっちゅうヒドイ。
いっそしゅんさん付けたらいいのに。
次のお仕事に、是非。

電動マニ車は「善人なおもて往生を遂ぐ」系統のものかと。
作って売ってる方は、せっかくだから明後日の方角に突っ走ってほしいものです。
お経が流れるとか、定時にお釈迦様が説法するとか。

そして「塩味」はギョウザではなくアンコです、兄さん…!

2013/07/01 (Mon) 15:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment