30
2013

映画「新少林寺」

新少林寺
SHAOLIN / 2011年 / 香港、中国 / 監督:ベニー・チャン / アクション


これぞ正統派カンフー映画。
【あらすじ】
悪人が改心して善人になったら、べつの悪人にやられました。

【感想】
アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ジャッキー・チェン、ファン・ビンビンなど、役者が豪華。わー、ジャッキーが出ているよ。それだけで嬉しい。アクションだけかと思いきや、教訓じみた話になっている。

1912年、辛亥革命翌年の中国。清王朝が倒れ、内乱や欧米列強による侵略で国内は混乱していた。軍閥による私利私欲の闘争が繰り広げられ、その中心には侯杰(こう・けつ/アンディ・ラウ/トップ画像真ん中)がいた。

この映画の面白いところは悪人が生き延びるところだと思う。最初に侯杰が軍閥の将軍である宋虎を裏切って殺す。ところが、すぐに部下の曹蛮(ニコラス・ツェー)に自分も裏切られ追われる。おまけに娘も殺されてしまう。逃げ延びた先は、軍人時代に自分が踏み荒らした少林寺である。ここで少林寺が、追い払って当然の侯杰を受け入れるくだりも面白い。

ここでの修行風景はいかにも少林寺っぽくていいですね。

この少年と侯杰の修行場面は映画の本筋とは直接関係ないのですが、とてもいいんですよ。侯杰が少年に「寒くないか?」と訊ね、少年は「寒かったら体を動かせばいい」と、型をやり出す。侯杰も少年と一緒に型を始める。侯杰はこの少年に、自分の娘を重ねている。他者への思いやりを持ち出した様子が自然に表れている。

娘が死んだのは、権力を求めた侯杰のせいだと妻(ファン・ビンビン)から責められる。いろいろと反省して改心した侯杰であった。この奥さん、『孫文の義士団』にも出ていましたね。若い頃の大塚寧々に似ているような。

こちらは侯杰の部下だった曹蛮(ニコラス・ツェー)。力こそ正義じゃー!みたいな、わかりやすい悪人。「孫文の義士団」では、ケンカっ早くて忠誠心の強い車引きという役だった。あの役は良かった。「俺、明日、結婚を申し込むんだ!」と、死亡フラグをこれでもかというほど立てていたら、やっぱり死んだ。いい人なんです、ほんとに。

※ここから先、ラストシーンに触れています。
侯杰は宋虎を裏切って殺す。そのとき、侯杰は悪人だったがやがて改心する。曹蛮も侯杰を裏切り、侯杰は死ぬことになる。因果応報のようなものを感じる。なぜ最後に善が死んでもよいかというと、善であるから、もうあの世に逝ってよいというように受け取れた。悪はこれから改心の余地がある。不完全だからこそ、まだ生きなければいけない。現世で修行しなければならないのだ。こういう教訓じみたところがちょっと面白かったです。

老師と料理人(ジャッキー・チェン)の会話も良かった。ジャッキーが、少林寺にしか居場所がないから町へ出たくないとごねる。誰にでも必要とされる場所があると老師が諭す。

「金と泥、どちらが価値があると思う?」

「それは金にきまっている」

「では、種をまくならどっちだ?」

「‥‥」

キャー!老師様、かっこいい!どっかでこれ使おう、と思いました。どこで?

しかし、この問答は相手が100%「金」と答えることを見越して作られている。もし相手が違うことを言うと、どうなのだろう。

「金と泥、どちらが価値があると思う?」

「物を買うなら金ですけどお、種をまくなら泥でしょうか。そもそも、金というのは時間や物と交換するための万能の交換チケットのようなものですから、本質的には金には価値がないとも言えます。でもでもお、泥だって金で買えるから、結局は金って答えれば問題ないと思いまーす!」

早く死ねばいいのになー、おまえ!

でね、ジャッキーのアクションシーンも久しぶりに観ました。テーブルの上で敵を丸めていくような、ジャッキーらしいコミカルなやつです。もうバリバリのアクションは還暦間近のジャッキーには厳しいのでしょうけど、やはりアクションをやってくれると嬉しい。何かそこでホロリときました。まったく泣くシーンではないけど。

中国の風景、少林寺も美しく描かれ、カンフーもすばらしい。お薦めです。


JUGEMテーマ:映画
スポンサーサイト

7 Comments

しゅん  

No title

<やはりこういう「複数の答えがあるはずだけど、自分は1つしか答えを知らない問題」というのは、他の人に出題するに限るわー(笑)


他人の力を借りるというのはいい手段ですねー。なにより楽だし。前にいた会社では、業務の流れを説明する資料を新人に作らせていました。

その新人が作った資料で、また翌年の新人に説明し、その新人は説明を受けた資料を元にまた新しい資料を作るという、そうやって資料がどんどん洗練されていくという。わたしが面倒だから、そうやっていただけですが。

他力本願で生きてまいりました。皆さまのお力で生きてまいりました。ありがとうございます。

2013/09/11 (Wed) 10:54 | EDIT | REPLY |   

黙  

No title

さっすがー!
私は最初に書いたように1つだけ(rythm)しか知らなかったんだけど・・・ジプシーもそうなのか!
gipsyだと思ってた。20年以上も思い込んでた。
大学の時の英語のテストで、このスペル(gipsy)で○をもらった記憶があるんだがなぁ・・・

やはりこういう「複数の答えがあるはずだけど、自分は1つしか答えを知らない問題」というのは、他の人に出題するに限るわー(笑)

2013/09/08 (Sun) 03:23 | EDIT | REPLY |   

しゅん  

No title

rythmがそうだというのは、何かで読んだような‥‥。自分で考えたら思いつきませんでした。難しい。

調べたら「tryst」(逢引)「lymph」(リンパ)「gypsy」(ジプシー)などもあるようですね。

なので、今度からは「tryst」を使いたいです。「とても初歩的な質問ですね。みなさんご承知のように、古語で『逢引き』という意味ですね」などと答えたい。嫌われたいのか。

2013/09/08 (Sun) 00:36 | EDIT | REPLY |   

黙  

No title

この名前はtwitterの方で使っている名前ですが、元々は
「真っ白い犬と真っ黒い犬、静かなのはどちらの犬で、おもしろいのはどちらの犬か?」
というなぞなぞから取っています。
いつも使っているハンドルの「黒犬」のまま、違う名前を名乗れるのでいいなぁ、と。

なぞなぞの話題が出たところで、久々にクイズです。トンチや引っ掛けではなく、シンプルな知識クイズですので、辞書の御用意を。
「アルファベット5文字以上で構成され、且つ母音を1文字も含まない英単語を答えなさい」
私は1つしか知りませんが、もしかしたら複数の答えがあるかもしれません。
2文字ならbyなどをすぐ思いつくでしょうが、5文字以上の縛りだとなかなか難しいと思います。

2013/09/05 (Thu) 09:07 | EDIT | REPLY |   

しゅん  

No title

あ、なんで「黙」なのかって今頃気づきました。
「黙」をばらすと黒犬になるのか‥‥。
そうか、さ、さてはキサマ、黒犬だな!

「今頃かよ」と言われそうですが。いや、黒犬さんがやってらっしゃるのは気づいてたんですけど「黙」の意味は今わかったという。ほほほ。


少林寺はリー・リンチェイがまだジェット・リーになる前なんですよねえ。で、ジェット・リーももう50歳ということに、なにかクラクラきます。

キックアスはアメリカ版はもう公開されて、日本版は来年公開らしいですね。楽しみです。

2013/09/05 (Thu) 02:41 | EDIT | REPLY |   

黙  

No title

追伸/中の人は黒犬です。念のため。

2013/09/04 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   

黙  

No title

「金と泥、どちらが価値があると思う?」

「物を買うなら金ですけどお、種をまくなら泥・・・

(グーで鼻にパンチ)

「ぶげふっ!」

「金と泥、どちらが価値があると思う?」

「物を買うなら金・・・

(グーで鼻パン)

「ごぶふっ!」

「金と泥、どちらが価値があると思う?」

「・・・ど、泥?」

(グー鼻パン)

「ぶがぁっ!」

「金と泥、どちらが価値があると思う?」

「・・・金・・・?」

「では、種をまくならどっちだ?」


たぶんこういう流れです(笑)

そう言えばリー・リン・チェイ主演の『少林寺』は映画館に観に行きましたね。小学校高学年の頃だったかな。パンフレットもまだありますよ。

ところで『キックアス2』があるらしいですね。
1もまだ観ていないというのに・・・!

2013/09/03 (Tue) 00:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment