01
2013

ミラージュ

Mirageman / 2007年 / チリ / 監督:エルネスト・ディアス=エスピノーサ / アクション
わたくし、変質者ではございません。
【あらすじ】
スパイダーマンじゃないよ、ミラージュマンだよ!


【感想】
はじめてチリの映画を観ました。あまり知らない国の映画というのはいいですね。話はとても単純で、バットマンのようなヒーロー物。ただ、コメディタッチなんですけど、話に重い部分があって笑っていいのかどうかわからないところがある。主人公の両親は強盗に殺され、弟はレイプされて精神に異常をきたす。こんな悲惨な状況なのに、なぜコメディにしましたか。設定が重すぎるぞ。


主人公は弟の治療費を稼ぐため、クラブの用心棒をしている。とにかく無口なんですよ。脇役が全部喋ってくれるので、話が進んでいく感じ。

予算がないのか、CGなどは一切使われない。ところどころ、格闘シーンで早送りのような効果があるのですが、なんだか学生が趣味で撮っている自主制作映画のような匂いがする。じゃあ、駄目かというとそんなこともなくて殺陣シーンはすばらしい。そのチグハグさが魅力なのかな。とにかく主人公の体の説得力がすごい。本当に格闘技をやっている人間なのではないか。


ふつう、ヒーローといえば敵を鮮やかに倒し「おケガはないですか?」という、例のさわやかな感じは一切ない。ミラージュマンは、変なかっこうなんですけど格闘シーンが本格的。とにかく痛そう。 相手を掴んでからの顔面へのヒザ蹴りとか、馬乗りになって執拗に殴るなど実戦っぽい戦い方をする。まったくヒーローらしくない戦い方。最終的には相手の首をナイフで切り落とす。それ、ヒーローがやったらマズイやつだと思います。えぐい。えぐすぎるよ、ミラージュマン!


街を救うヒーローとしてインタビューを受けるミラージュマン。どう見ても不審者でしかない。

 笑いの部分で、チリと日本は少し違うのかな。街中で、ひったくりが財布を取った後、逃走する。それを追う主人公。引ったくりは追っ手をまいたと思って、路地裏で仲間と談笑している。そのまま引ったくりをやっつければいいのだけど、わざわざ主人公はミラージュマンに変身するために着替える。

ズボンが引っかかってうまく脱げなかったり時間がかかる。で、邦画ならば、ようやく着替えて、いざ引ったくりの元へ戻って「おい、おまえたち! その財布を返せ!」といったら、すでに誰も居ないというのがパターンである。でも、引ったくりがいるんですよね。ごくふつうに談笑を続けている。そこにビックリした。いるんかーい!ってなる。グダグダ感がすごい。

アクションコメディなのに、みょうに静かな印象があるのも面白い。他のチリ映画も観たくなりました。予告編のアクションだけでも楽しめます。鍛えられた肉体、キレのある動き、不審者っぽい見た目、最高です。

 
スポンサーサイト

4 Comments

しゅん  

No title

ロックマンシリーズは、やたらに難しかったのを憶えています。それこそ何百回もやらないとクリアできないような。まるで修行のようなゲームでした。

ミラージュマンがいたら、すぐ首を切り落としてくるので余計難しかったと思います。いなくてよかったミラージュマン!

2013/09/11 (Wed) 10:48 | EDIT | REPLY |   

freedeviljam  

No title

その必殺技だと日本で普通に販売するのは無理なので、海外で制作して逆輸入パターンになりますね!!
ロックマンの首が飛ぶの見たくない…ミラージュマン…

2013/09/08 (Sun) 01:09 | EDIT | REPLY |   

しゅん  

No title

ミラージュマン、本当に喋らない人なんですよねえ。身体能力が高い人を使ったから、あんまり喋りとか得意じゃないのかなあ。不審者っぽさがものすごい。

<ミラージュマン…ロックマンに出演したらどんな技出すんですかね!!

顔面への執拗なヒザ蹴りと、首を切り落とすという、子供が見たらトラウマになるのがミラージュマンの必殺技だよ!

いかんと思います。

2013/09/08 (Sun) 00:44 | EDIT | REPLY |   

freedeviljam  

No title

こんにちはー。

キャプチャだけで存分に笑わせてもらいました。完全に強盗犯じゃないですか。インタビューとか絶対音声変えられてますよね。
そんな不幸を抱えまくってるのにヒーローになる
ぜ!とか思えるのは躁鬱じゃないんですかミラージュマン…ロックマンに出演したらどんな技出すんですかね!!

2013/09/05 (Thu) 11:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment