16
2014

映画「007 スカイフォール」

007 スカイフォール
Skyfall / 2012年 / イギリス / 監督:サム・メンデス / サスペンス、アクション


新旧の戦い。
【あらすじ】
今までのボンドとは違い、派手なアクションで暴れるダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド。で、途中でまたスパイをやめたがります。ダニエルさんてば、すぐ欝っぽくなるんだよなあ。わりとメンタル弱めである。

【感想】
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは、真面目ボンドなんですよね。いつも眉間にシワが寄っている。以前のシリーズのように、へらへらと美女を口説きがてら片手間に任務を遂行。タキシードで優雅に立ち去りつつ、背後では悪の組織の建物が爆発しているという。そんなお気楽極楽さはない。戦いもどこか泥臭い。

「ザ・真面目」ことダニエル・クレイグさん。しかし、わたしはこの沈鬱なボンドが好きなのである。陰気だなあ。

ダニエル版ボンドになって三作目のスカイフォールですが「resurrection(復活)」がテーマなんですね。映画の本筋とは関係なく、そこかしこに復活というキーワードが埋め込まれており、新しい物と古い物が対立する構造になっていて面白い。

・ITを駆使した捜査を行なうエージェントQからボンドが時代遅れ扱いされる。犯人もPCを使用して攻撃してくる。
・国の審問会で、MI6という古い諜報機関の必要性が問われる。
・MI6の長であるM(おばあちゃん)も、MI6同様に存在意義を問われる。
・古いボンドカーが登場し活躍。ボンドが幼年時代を過ごした古びた屋敷を要塞化して戦う。

観たのが年末なのでちょっと記憶があやふやですが、思いつくだけでもこれぐらいはあった。こういう遊び心がいいですね。

あと今回はボンドガールの存在があやふやだった。同僚がボンドガールなのか、悪の組織にいた女がボンドガールなのか、いずれにしろ印象が薄い。もっとも印象が強かったのがボンドの上司であるM(ジュディ・デンチ)である。

今回はMがボンドガールということでいいのではないか。ちなみに、映画が公開になったとき78歳。今回、大活躍でした。

で、悪役はハビエル・バルデムさん(右側)。映画「ノー・カントリー」での悪役っぷりが話題になりました。
左の写真はノー・カントリーで殺し屋を演じたときのものです。あのときはバナナマンの日村さんに似ている気がしたのですが、こうして見るとそうでもないなあ。

性格が理解不能な殺人毒キノコという印象だった。今回もやはりちょっと性格に問題がある人を演じています。マザコンぽい。変な性格の役を優先的に引き受けることにしているのだろうか。
映画自体はすごく真面目で、アクションもすばらしい。でも、そこかしこにおかしみがある。予告編の最後に、電車の車両が破壊され、危うく外に放り出されそうなボンドが映ります。そのときに、袖のカフスボタンを直しているんですね。そんなことやってる場合じゃないのだけど、その変なダンディズムがいいんですよねえ。いつか死ぬで。

何も考えずに楽しめるアクション映画でした。


JUGEMテーマ:映画 
スポンサーサイト

2 Comments

しゅん  

No title

>鬱でメンタル弱いダニエル・ボンドで笑っちゃいました。確かに、彼はなんか暗~い雰囲気を持ってますね。

ダニエル・クレイグがやると暗くなりますねー。前二作も暗かったですし、今後もずっと暗いんじゃないでしょうか。ダニエルさん、明るくなったりするのでしょうか。

ウォシャウスキー兄弟って兄妹になってたんですね。映画よりも驚きました。

2014/06/05 (Thu) 16:17 | EDIT | REPLY |   

たかみや  

No title

こんにちは

鬱でメンタル弱いダニエル・ボンドで笑っちゃいました。
確かに、彼はなんか暗~い雰囲気を持ってますね。
今作はずっと暗かったような・・・
次回作に期待してます。


映画レビューなどしています♪
http://naturlturn2.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

2014/06/03 (Tue) 00:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment