05
2014

映画「世界にひとつのプレイブック」

世界にひとつのプレイブック
Silver Linings Playbook / 2012年 / アメリカ / 監督:デヴィット・O・ラッセル / コメディ、恋愛


【あらすじ】
躁鬱病のパット(ブラッドリー・クーパー 右)と、夫をなくして不安定なティファニー(ジェニファー・ローレンス 左)が出会います。

【感想】
病気のことでコメディを作るのって難しそうですよねえ。笑っていいのかどうかわからない場合もあるし。邦画でも難病ものは多いですが、病気を扱ったコメディはないような気がする。

一番右の人は、主人公パットと同じ精神病院にいた患者ダニー。「ラッシュアワー」でジャッキー・チェンと共演し話題になったクリス・タッカーです。ちょっと太ったなあ。元気そうでなにより。患者役だけど。

そもそも出てくる人が全員病気っぽいんですよね。主人公の父役であるデ・ニーロも、かなり神経質で不安定。主人公の兄も、弟に向かってひどいことを言う。まあ、まともな人がいない。みんなどこかおかしい。ロバート・デ・ニーロが主演したしみじみとした作品「みんな元気」がありますが、この映画は「みんな病気」である。「みんな元気」とセットで売ればいいのに。

この映画、タイトルが難しいんですね。「Silver Linings Playbook」ですが「シルバーライニングス」は服の銀の裏地を指している。曇っている日でも、雲の裏側は光り輝いている銀の裏地なのだということわざがある。どんなにつらくても希望があるというのが「シルバーライニングス」の意味である。「プレイブック」はアメフトの戦術本である。この映画では家族(特に父と子)はアメフトによって強く結びついている。

知ってたかのように書きましたが、これ、ラジオで映画評論家の町山さんが仰っていました。さすがである。これからは全部、人が言ったことを受け売っていこう。最初から自分で知ってたかのように書こう。

ヒロインのティファニー(ジェニファー・ローレンス、トップの写真左)は、夫を事故でなくし、そのせいで不安定になってしまった女性を演じている。ヒステリックになったときの暴れっぷりが怖い。あと、自分がいいと思ったことは相手もいいと思っているに違いないという、押し付けてくる感じとか。怖いということは名演技なんでしょうねえ。ジェニファー・ローレンスが怖かったせいか、最後のほうはパット(ブラッドリー・クーパー)が普通の人に見えた。面白いラブコメディだったなあ。


JUGEMテーマ:映画 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment