29
2014

映画「Dear フランキー」

Dear フランキー
Dear Frankie / 2004年 / イギリス / 監督:ショーナ・オーバック / ドラマ

【あらすじ】
耳が聴こえない9歳の少年フランキー(ジャック・マケルホーン)は、母のリジー(エミリー・モーティマー)と祖母の三人暮らし。フランキーの唯一の楽しみは、世界中を航海している父親からの手紙だった。


【感想】
実はフランキーの父親は世界中を旅する船乗りではなくて、暴力を振るうろくでなしなのだ。母親のリジーは、フランキーにその事実を伝えることができない。父親からと偽ってフランキーに手紙まで書いてしまう。え、そんなことすんの?と思うが、脚本が丁寧なのと母親役のエミリー・モーティマーの演技もいいので、母親が嘘の手紙を書き続ける心境というのもすんなりと受け入れられる。

ある日、父親が乗っているはずの船がイギリスに寄港することを知ったフランキーは、父親に会うことを望む。困ったリジーは偽物の父親を仕立てあげることにする。無茶をする人である。で、その代理父役がストレンジャー(ジェラルド・バトラー)。

無愛想で不器用な男なのだけど、フランキーと偽物の親子を演じている間に本当にフランキーのことがかわいくなってしまうという。ありがちな話である。ありがちに弱いわたしだ。泣く。

ジェラルド・バトラーというと、映画「300<スリーハンドレッド>」でスパルタ王を演じていた。さらに映画「ゲーマー」でも、ずいぶん暴れていた。人を殺しまくる映画にしか出ないのかと思っておった。だってこんな人だもの。話が通じなさそう。

それがこの「Dear フランキー」ではまったく違う。

この楽しそうな感じ。「キャッキャウフフ」ではないか。300で「This is Sparta!」と叫んでローマ軍を殺しまくったジェラルド・バトラーさんはもういない。更生したのです。

派手なアクション物だけかと思ったら、こういう地味な映画もできるとはすばらしい。疑似親子の関係から愛情が芽生えるという、本当にありがちな話ですが良かったなあ。変にひねった終わり方ではなく、先に希望がある終わり方なのも良い。

フランキーが好きなタツノオトシゴのエピソードも効果的。タツノオトシゴは、オスの育児嚢という腹部の袋に、メスが輪卵管を挿し込んで受精させる。オスは卵を育児嚢の中で育てる。父親の存在とタツノオトシゴがうまくかかっている。イギリスの港町の静かな佇まい、親と子がお互いを思いやる気持ち、顔が怖いバトラーさんの優しさなど、どなたにもお薦めできる作品です。

スポンサーサイト

2 Comments

しゅん  

No title

はじめましてー。
おお、このブログに人が来るなんて‥‥。サクラではないか。
ありがとうございます。


>ちょっと暗い寂しい感じの町が物語に合っていた気がします。

イギリスのちょっと寂れた町の雰囲気が良かったですね。ちょっと足をのばせば海や丘があったり。憧れます。暮らすの大変そうですけど‥‥。

2014/07/21 (Mon) 13:38 | EDIT | REPLY |   

R  

No title

はじめまして。
私もこの映画は好きで何回か見て何回か泣きました。
ちょっと暗い寂しい感じの町が物語に合っていた気がします。
また見たくなりました。
しゅんさんの文章はいい感じですね♪
過去ログも読ませていただきます ^^

2014/07/20 (Sun) 08:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment