26
2014

MUD-マッド-

Mud / 2012年 / アメリカ / 監督:ジェフ・ニコルズ / ドラマ
名称未設定-1
裏切られても、裏切られても。
【あらすじ】
無人島に所有者のないボートがあったので、自分たちの物にしようとしたら、変なおじさんが出てきた。


【感想】
現代劇なのですがどこか懐かしさを感じさせる。古き良きアメリカを感じさせる作品ですね。トム・ソーヤーの冒険を思い出しました。 

名称未設定-6

14歳のハリス(タイ・シェリダン、左)は、アーカンソーの川岸にあるボートハウスに住んでいる。14歳という大人と子供の境界線上にいる年齢。両親のことが好きではあるものの、大人の不完全さにも気づき反抗的になってもいる。大人の弱さを許すほど成長しているわけでもなく、自分と同じ弱い存在であるということを認めてもやれない。面倒くさい年齢であるよ。とても共感しやすい作品でした。

ミシシッピ川に浮かぶ無人島に身を隠す奇妙な男マッド(マシュー・マコノヒー)との友情物語ですが、マッドの怪しさがいい。強い意志を秘めているように見え、怪しげなまじないを信じ、いかにもいわくありげなのだ。

名称未設定-2

男前のホームレスって感じなのだけど、14歳のハリスは強烈にマッドに惹かれるんですね。無人島で恋人(リース・ウィザースプーン)を待ち続けるマッドを助けてやりたくなる。マッドの話はちょっと滑稽なのだけど、両親が離婚しそうなハリスはマッドの純粋な愛に打たれる。マッドの愛を成就させることで、自分の両親の愛情も甦るのではないかと無意識に考えているフシがある。

名称未設定-4 

で、マッドと恋人の純愛物語かと思いきや、ちょっとこの二人も変なのである。付き合っているんだかどうなんだかはっきりしない。恋人はマッドのことを想っていると言いながら、違う男と抱き合ってキスもする。二人の愛を信じていたハリスは混乱し、大人たちに失望していく。ああ、わし、永遠の愛を信じてたのに‥‥。というハリスがかわいそうなのだ。わし、とか言わないだろうけど。

初めてできた高校生の恋人が考えていることもよくわからない。彼女は友人たちに、中学生であるハリスと付き合っていると知られたくないんですね。でも、ハリスにはそんな恋人の見栄はわからない。この前、キスしてくれた彼女は急に冷たくなるわ、両親は離婚しそうだわ、マッドとその恋人も意味不明だし、もう!大人どものバカー! と思ったのではないか。わかる。

名称未設定-5

ハリスの母。「マーサ、あるいはマーシー・メイ」で主人公の姉を演じていたサラ・ポールソン。あちらではセレブな暮らしをしておりましたが、今度はボートハウスで生活に困窮する母を演じている。上から下に大忙し。髪のパーマがとれかかった感じが、生活に疲れた感じを醸し出す。疲れておるよ。

名称未設定-3

ずっとハリスを裏切り続けていた大人たちだったが、その弱い大人がハリスを救ってくれることになる。大人に失望するというのは、期待するから失望するのであって、大人も子供同様に弱い人間の一人にすぎないと認められたとき、人は大人になるのかもしれない。などと、なにか偉いことを言ったような気になる。

ハリス同様、裏切られ続けたマッドが恋人を想い続けてるのもいいですね。マッドとハリスが友達になれたのは、マッドがハリスに似ているからか。両方とも子供という。だだっ広いミシシッピ川でのボートでの冒険、毒蛇が棲む無人島、怪しげな大人たち、現代版トム・ソーヤーを思わせる少年の冒険譚でした。良かったです。

そういえば、家の前に住んでいるトム(サム・シェパード)とマッドは結局、親子だったのかなあ。字幕では出ないのですが、サン(息子よ)と呼びかけていたような。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment