06
2015

キラー・スナイパー

KILLER JOE / 2011年 / アメリカ / 監督:ウィリアム・フリードキン / ドラマ、犯罪
名称未設定-1
フライドチキンの新しい使い方。
【あらすじ】
ギャンブルで借金がかさんだので、母親を殺して生命保険をもらいたい。



【感想】
殺し屋や前科者が主人公の映画はよくある。ジェイソン・ステイサムあたりがやっていて、気は荒いが実は優しい。女や子供には手を出さないという、観客が共感しやすい倫理観を持っている。実は全然ひどい人ではないのだ。

この映画に出てくる人は、本当にひどくてねえ。すがすがしいまでのクズッぷりで、爽快ですらある。登場人物全員ひどいというのは、なかなか。

名称未設定-6

クリス(エミール・ハリス、左)は賭博で借金をこしらえる。借金だけでなく青タンもこしらえる、借金取りに殴られて。困ったクリスは、折り合いの悪い実母の殺害計画を立てる。母親に掛けられた生命保険の受け取り人は、父親と暮らしている妹ドッティ(ジュノー・テンプル)。クリスの両親は離婚しており、クリスは母親と、ドッティは父親と暮らしている。

クリスを演じたエミール・ハリスは、若い頃のディカプリオに雰囲気が似ている。髪型が似ているだけかな。

名称未設定-14

ドッティはちょっと頭が弱いんですね。「アイツはバカだから、簡単に金をむしり取れる」って、最悪だなオイ。そんで、実母の殺害計画を父(トーマス・ヘイデン・チャーチ、右から二番目)と、父と同居する義母(ジーナ・ガーション、左から二番目)に持ちかけるのだ。自分では手を下す度胸がないところがまた‥‥。

父親は筋肉がありすぎるのかな。背広の着こなしが、なんだかゴリラっぽい。短すぎるネクタイとキャップがまた、いい味。

名称未設定-5

一家は相談の上、警察官で殺し屋のジョー・クーパー(マシュー・マコノヒー)に殺害を依頼する。

名称未設定-2

ダラス・バイヤーズクラブ」では製薬業界と戦うカウボーイを演じたマシュー・マコノヒーでしたが、一転してこんなキワモノを演じるのもすごい。母親殺害を持ちかけられるも「料金は後払いで」という提案に憤慨する。「バカバカしい、ぼかぁ帰るよ!」といったん帰りかけるものの、妹を見つけて気が変わる。ジュルルル‥‥。「妹を担保に入れるならいいぞ」と提案する。ロリコンで殺し屋という‥‥。

名称未設定-4

一瞬ためらった妹思いのクリスだったが0.5秒で妹を売ることを決断。クズですなあ!

名称未設定-8

売られてジョーに抱かれるドッティですが、実は満更でもないという。ドッティに年齢を尋ねるジョー。「12歳」と答えるドッティ。ジョーは「若すぎるからダメだ」と言うのかと思いきや「俺も12歳だ」と答えるからぶったまげた。おまえ、40超えてるだろうが。

マシュー・マコノヒーは、こんな役をやっていてもなぜか下品にならない。どこか映画の格を上げる雰囲気を持っている。ロリコンの殺し屋なのにすごい!

クリスの計画は杜撰で、結局保険金は受け取れないことに。ジョーへの支払いをどうするかで一家は揉める。

名称未設定-13

自分も保険金を受け取れるとウホウホ喜んでいたゴリラ顔の父だったが、一転してクリスに「おまえ、死んでくれないか?」と言い出す。いやあ、本当に最低なこと言うなあ。実によいお顔をしてますね。

名称未設定-7

保険金が受け取れないことには裏があって、ある人物の裏切りがあった。それを見抜いたジョーが論理的に相手を追い詰めていく様子も良かった。ただの変態じゃなかったんだー。殺し屋、ロリコン、女に暴力を振るう、三拍子揃った頭の切れる変態だった。揺るぎないお人。

名称未設定-12

全員が曲者で、義母がまた良かったですね。家の中を下半身丸出しで歩いていて、クリスから「パンツをはけ」と言われると逆切れするし。はく、はかないで、いい大人がケンカする。

ジョーは、この義母に男性器に見立てたフライドチキンをしゃぶらせる。これは映画史に残る衝撃の場面。悪い方に残る。

名称未設定-9

やっていることがぶっ飛びすぎて、頭に?マークが6個ぐらい出た。いったい、何をやらせているんだ。

名称未設定-10

チキンをしゃぶらせて、ものすごく興奮するジョー。ケンタッキーの正しい使い方を見た。

とにかく変わった映画で、カルト的人気が出そうな作品。演技の巧拙というのはよくわからないのですが「この人って本当にこういう人なんじゃ‥‥」と思わせるマシュー・マコノヒーは面白いですね。変態すぎて怖い。こういう道を踏み外した映画も、すばらしいですね。





こちらでも、一風変わった人物を演じているマシュー・マコノヒー。



派手な作品ではないのですが、純粋な心を持ち続けている大人を演じています。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment