26
2016

監視者たち

감시자들 / 2013年 / 韓国 / 監督:チョ・ウィソク、キム・ビョンソ / サスペンス、警察
e646c6d1a0624235bea5e7605214ee51.jpg 
悪役ががんばっているのでたいへん嬉しい。悪い人たちは見習ってほしい。
【あらすじ】
韓国警察特殊犯罪課と武装組織の対決。


【感想】
2007年の香港映画「天使の眼、野獣の街」という作品のリメイク。オリジナルは未見なので是非観たいです。

凶悪犯の監視を任務とする韓国警察特殊犯罪課(SUC)。難関試験を突破してSUCに配属された新米刑事ハ・ユンジュ(ハン・ヒョジュ)。最初は頼りなかったハ・ユンジュだが、武装組織の追跡捜査を通して仲間との絆を深め、しだいに成長していく。

2_20160426100244e1d.jpg 

「監視班」という、監視と記憶のスペシャリストが集まる部署(実際にはない)の話。主人公の超人的な記憶力が事件解決の鍵となる。そこから監視班という設定を思いついたのでしょうか。話がきれいに繋がっていくのが見事でした。

movie_image.jpg 

この映画の何がすばらしいかといえば武装組織のリーダーであるジェームズ(チョン・ウソン)に尽きる。この人、角度によってはトム・クルーズにすごく似てるんですよねえ。判断力に優れ冷静、管理能力が高く、計画性がある。犯罪者として理想的ですよ。もうたまらん! ハアハア‥‥。

サスペンスを観ていて常々不満だったのが、優秀な犯罪者という設定なのにバカというパターンなのです。優秀なはずがポンコツな仲間をたくさん引き込んで、そのうちの一人がポカをやって、そこから芋づる式に逮捕というね。もう、本当に反省してほしい。哲学も美学もない悲しさよ。

そこへいくとジェームズさんは「バカを許さない」という完璧主義なので、ポカをやる仲間に厳しい制裁を加えていくのです。わかってるなあ! 犯罪というのは優秀な少人数でやるに限るのだ! などと熱く語るとわたしが何かやっているようだが、そんなことはない。

movie_imag.jpg 

ジェームズさんは犯罪者の鑑なので良しとして、武装組織を追いかける警察側をみていきましょう。こちらは少しばかり甘い気がする。

f0238581_51da4992241bd.jpg 

娯楽作品なので、軽さや面白さを追求したのかもしれないけど、大学のサークルのような雰囲気に見える。もっと警察というのは、汚いおっさんだらけでいいのではないか。張り込みで何日も家に帰れず、食事はアンパンと牛乳飲み。目は充血し、体からは汗臭さが漂う。それが刑事というものではないのかね!

どうも、このお洒落感がねえ‥‥。監視カメラを仕掛けるところも、ジャンプしてスマートに仕掛けていくが、これをかっこいいとするか恥ずかしく見えるかで、この映画に対する好みが分かれそう。ちょっと苦手かなあ。

movie.jpg

とはいえ、見せ場も盛りだくさんで良かったですね。ジェームズの暗殺道具である万年筆の使い方がすばらしい。黒幕との対決場面でのジェームズのすばやさは惚れ惚れする。

f0238581_51da48d1175ac.jpg 

不満といえば、私情で犯人を撃ってしまうファン班長(ソル・ギョング)でしょうか。うーん、班長でありながら逮捕しようという気はないのか‥‥。結果オーライとはいえ。なにか警察側の悪口ばかり書いているような気がする。警察はさておき、ジェームズさんを応援したい方は是非観てほしいです。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment